2022年8月5日金曜日

自己責任論で少子化に至っているのでどうにもならない

中高生が妊娠したら祝福どころか全力で罰する風潮がありますよね。

本来ならば生まれてくる子とその親を祝福するべきなのに、現実はあまりにも残酷。

そりゃ生まれることがすでに「罰」のような認識になるわけですよ。
育児や進学以前の大問題です。

反出生主義がはびこる理由はそれです。


やがて望んで生まれてくる人は一人もいなくなります。

そうして人口抑制していると考えるのが自然なのかもしれませんが……


「まともな男女は避妊する」という論理が正しいとすると、生まれてくる子の親は総じてまともでないことになってしまいます。

だから反出生主義に傾いていくのです。

その認識を変えていかない限り少子化は進む一方です。



晩婚どころか生涯独身の男女が幅を利かせているかと思えば、適齢期のカップルには冷たい世の中。

子供を大切にしない社会は滅びますよ;;;
誰が将来を支えていくと思っているのか……

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問はお気軽にどうぞ!
メーカーサポートからも相手にされないようなレベルでも答えが見つかるかもしれません。