2024/07/22

Kinera Freya 2.0 LTDは「音楽のながら聴き」に最適!透明感や空気感の正体は…

私が以前購入した「Kinera Freya」がたまたまハズレ個体だったのかもしれませんが、Freya 2.0 LTDはサウンドのチューニングコンセプトがはっきりとしています。

イヤホンの2作目というより別物のように聞こえます。

映画やゲームの1と2が違いすぎるタイトルみたいな感じですw


Freyaはウォーム系で大人しく素直に鳴っている印象ですが、Freya 2.0 LTDは一転…!

クールでもウォームでもないニュートラル…いや違う、神話に出てくる高尚な神々が人類を見るときの目というか、干渉しない・影響を与えない意志を感じます。

中高域の透明感や空気感というのは音響的な表現ではなく、“空気のような存在” という意味です。

Freya 2.0 LTDで聞いていると本当に空気……

音楽に傾聴したり分析的に耳を傾けたりする感じがしないのです。
田舎で青空のもとに鳴り響く町内放送……というのは言い過ぎか。


音楽のながら聴き……BGMとして音楽を垂れ流しにするイヤホンとしてこれ以上のものはないのではないでしょうか!


「聞き疲れ」とは無縁であり、モニターイヤホンのように音を1つ1つ追うという感覚がまるでありません。
音楽を「聴く」ことがメインではなく、聞きながら何かをするのに最適です。


おそらく多くの人がイメージする「空気感」や「透明感」とはかけ離れていると思います!
それを期待していると完全にあてが外れてがっかりするでしょう…!



Freya 2.0 LTDのすごいところは、ボリュームをかなり上げても高域の刺さりや低域の圧迫感が皆無といってもいいくらい “ない” ことです。

これはイヤホンのポテンシャルがきわめて高く、再生機器(DAP等)やリケーブルによって化ける可能性を秘めているということを示唆しています。

前作Freyaはボリュームを上げていくと高域の刺さりや低域のひずみ(びびり)が気になるところがありました。
イヤホンの持つ潜在的な能力が低いので高性能なDACやアンプを生かしきれません。
逆に言えば、エントリークラスのスマホやPCのオンボードサウンドでも十分だということ。

Freya 2.0 LTDはそういった “制約” がなく伸びしろが大きいので、私には別物のように感じられます。
前作と違ってプラグが交換式であり、4.4mmバランスに対応できる仕様になっていることから、高出力のアンプを使用する想定になっているのでしょう。


映画やビデオゲームのサウンドは編集の悪い音源が多く、ダイナミックレンジに問題があって「特定のBGMがデカすぎる」といったトラブルがよくあります。

たとえばマビノギの「マグメル」のBGMは本来は素朴で可愛らしい曲のはずなのに、これまではどんなヘッドホン・イヤホンでもキンキン響いてしょうがなかったです。
おかげでマグメルを訪れると、フィオナトの隣で一定のリズムで羽ばたく鳥の音と相まって「トランス状態に入るww」ような変な感覚に陥っていました。

しかしそれをFreya 2.0 LTDで聞くと……

ああ!

これが空気感の正体か。


耳にまとわりつくメロディーから解放され、初めて「普通に」聞くことができました。


こういうタイプのイヤホンってなかなかないと思いますよ!!

だいたい音域のどこかが主張したり引っ込んだりして抑揚というかメリハリというか波を感じるものなんですけど、Freya 2.0 LTDは垂れ流しにしていても音楽が「ホワイトノイズ的」な属性になって意識から外れていきます。

そう!

「透明感」とか「空気感」というのは音響的な表現ではなく、「物理的に見えない」──その存在を認識することができないという意味なんです!

透明なものは見えないし、空気も見えませんよね。


かといって「真空」や「虚無」ではありません!

「ボリュームを上げてもうるさくない」というのはとても重要です。
多くのイヤホンは「うるさければ素直にボリュームを下げるしかない」のですが、Freya 2.0 LTDはとにかく「刺さらない」ので大音量で再生できる──つまり再生デバイスの性能をよく発揮できるのが最大の魅力です。


Freya 2.0 LTDはどちらかといえば「クール系」に聞こえるんですが、決して冷たいわけではなく、感情がないわけでもなく、元気があるわけでもなく……
低音は前作に比べればはるかによく出ています。

どう聞こえるのかと耳を傾けているうちに空気のようになってしまいます。

「聴覚過敏」の人が騒音をマスクするのに最適なイヤホンといえそうです。


前作はステムが太すぎ&返しがなさすぎてイヤーピースを取り付けづらく、脱落しやすい困った問題がありましたが、Freya 2.0 LTDは改良されていてスムーズにはめ込めます。
これならどんなイヤーピースでも難なく取り付けられそうです!

イヤホンの筐体サイズも前作より30%も小型化されており、コストダウンされ…ているのかと思いきや付属品が充実していて全体としては値上がりしています。

Freya 2.0 LTDのフェイスプレートは写真では鮮やかな水色に見えますが、実物は白っぽくてかなり違う……試聴機を見た段階で「アレッ?」って感じました。
付属ケーブルは大幅にアップグレードされていますが、イヤホン本体の色が薄く、半透明の樹脂が経年劣化しているように見えることから、外見のクオリティーは低下している印象を受けます。
六角形が印象的なパッケージの化粧箱もインクをケチったのか色あせているように見える…

イヤーピースは11種類も付属されています。


同じ価格帯のQoA Adonis Newqdc Hybrid Uranus-Sと迷っていました。
Adonisの「ふくよかな低音」は素晴らしいです。一聴して気に入りました。装着感も快適。
しかし聞き疲れを起こしそうな音作りでもあり、ちょっと解像度が足りないかな…。

Uranusは見た目は好みだったけど装着感が悪かった。だいぶ耳の形に合っていない;

GEEK WOLD GK100は多ドライバーで安価なイヤホン。かなり空間表現が好みです。

めりめりの愛機qdc SUPERIORはとても元気のいい音作りですね。

QoA Aviationの空間の広さが桁違いに素晴らしい。本当はこれがよかったんですが在庫切れw
これは絶対FPS向きだと思う!


Freya 2.0 LTDはゲーム向きではないわけではないのですが、ボリュームに寛容なのでホラーゲームの恐怖が増します。
強い空気感と透明感のため、1つの物音を慎重に追いかけるには訓練が必要です。

ボリュームを上げても低域の圧迫感と高域の刺さりがないため、ある程度の音量だとイヤホンで聞いていることを忘れてしまうほど。

個人差があると思いますが、「映画のスクリーンの前で聞いている」「実際の現場にいるような感覚」に肉迫しています。

「サラウンド感」はまったくなく、音場が狭いのか広いのかもわからないほど “自然” な聞こえ方をする大変不思議なイヤホンです。

音源をいじったりエフェクトをかけたりするバーチャルサラウンドとは決定的に違います。

むしろそういう処理をされた映像をこのイヤホンで視聴すると、「加工されたサウンドをそのまま聞く」ことになるだけです。
サウンドのアラや処理の甘いところが思いっきりわかります。
不自然な音は不自然に聞こえ、自然に収録された音声は自然に聞こえます。

Freya 2.0 LTDのチューニングコンセプトには「リニアリティーが高く、抜けのよさやスケール感のある心地よい音場」とあります。
リニアリティーとは「直線性」のことで、入力と出力が素直に比例するという意味です。
リアリティーとは違います。リニアリティーです。

「味付けがない」とか「原音に忠実」といったニュアンスと似ていますね。

現実世界で普通に聞こえてくる音に関しては「音に包まれる」という意識を持つことはありませんが、イヤホンやバーチャルサラウンドではしばしば「音に包まれるようだ」と表現されます。

Freya 2.0 LTDはそうではありません。

音に包まれているのかと問われれば、音の外側にいるようだ……と答えます。

この感覚が伝わるでしょうか。
説明が難しい……


レビューでよくある「ボーカルが前に出てくる」とか「バスドラムが引っ込む」といった感想は絶対的なものではなく、聴者それぞれによって異なる声や楽器の好み、関心の度合いによって大きく変わってきます。

Freya 2.0 LTDは「私には」あらゆる音が耳に張り付かずに外側で鳴っているように聞こえます。

それが何度も言うように「BGMとして最適」とか「聞き疲れしない」という評価につながる理由です。
前作Freyaとの共通点を見つけることのほうが難しい……これはもう別物としか思えません。

筐体が30%も小さくなっていますが、装着感は前作と同じようにきわめて良好。

Freyaの名前と装着感以外はもはや別のイヤホン。


Kineraというメーカーには “Kinera Imperial” という超ウルトラハイエンド価格のラインがあるのですが、そちらはまったく試聴していません…

というのも高価なイヤホンを聞くと、エントリーからミドルレンジまでのイヤホンの視聴にめちゃくちゃ影響してしまうからです。

5万円…いや10万円を超えたあたりからイヤホンは「音質」よりも、そのメーカーの思想や独自のコンセプトの色合いが強くなる傾向があり、「音質がいいのは当たり前」で、「それ+α」が焦点になってきます。

悪い言い方をすると、「値段が高い」ということから音質や感覚が心理的に誘導されてしまうのです。

私はそれでは正しい判断ができなくなるから、価格を伏せたブラインド検査をしたほうがいいと考えています。
先入観や結果ありきの評価ほどあてにならないものはありません。

そもそもイヤホンはどの機種や再生環境を基準とするかによって評価が変わってきます。

リファレンスとなる組み合わせや聴者の好みが違っていれば結果も違う。
信頼や実績といった積み重ねが通用しない、「主観」に左右される分野です。


……なので話半分に聞いておくのが正解です。

2024/07/21

ソードオフショットガンの「成形銃弾」、基本拡散50%減少は想像以上に遠距離向きになるぞ!



誰もYouTubeを見ていないから文字で説明したほうがいいよね…w
視聴回数がすべて「0」で評価どころか誰も見ていない動画。

どんなに無関心であっても廃れないコンテンツは強い。

まぁそれだけ面白いからねDRGww
Rock and Stone!

成形銃弾はパラメーターを見ても基本拡散が-50%ということしかわからず、弾数も少し減少してあまり意味のないオーバークロックに思えてなりませんでした。

しかし実際に使用してみると基本拡散50%どころか15%くらいまで減少している感覚で、非常に遠距離の敵を倒しやすくなります。


遠距離向きということは、離れた敵を攻撃しやすくなるということです。

2024/07/20

オンボードサウンド ALC897でも光デジタルから出力して外付けデコーダーで再生するのなら音質に不満はありません TOSLINK, SPDIF

GIGABYTEのB760M AORUS ELITE X AXは “基板まで白い” だけの安価なマザーボードのため、サウンドにALC1220ではなく897という下位モデルのチップが使われています。

SN比がALC1220は120dBなのに対し、897は98dBと大きな違いがあります。

もしイヤホンやヘッドホンを “PC直挿し” で運用することを考えているのなら、ALC1220搭載のマザーボードを選ぶことが賢明です。


遅かれ早かれPCサウンドに不満が出てくる可能性を考えると、初めからいいマザーボードを選ぶか、外付けのサウンドデバイスを購入したほうが絶対にいいですよ。
音質を気にしない人は問題ないのですが……


音質を気にし始めるとオンボードサウンドに不満を感じ、またよりによって “低価格で低音質な” デバイスを買ってしまう傾向が強いです。


ALC897以下の外付けサウンドデバイスが大量に存在しているのが現状です。
かえって音が悪くなってしまいます。

ALC897の音質に不満があるというのはアナログ出力、つまりヘッドホン端子・LINE OUTのことです。

同じALC897でも光デジタル出力(SPDIF OUT)ならば外付けするデバイス(デコーダー)の性能に依存します。
897の音質を無視することができます。



私がこんな状況に陥った経緯を説明すると……

音質も遅延もバッテリー持ちも満足していたRazer BlackShark V2 Pro(2023)の一部が壊れてがっかりしていた。半年でヘッドバンドとイヤーカップをつなぐワイヤーの付け根部分のプラスチックが割れるなんて耐久性がなさすぎ。

個人的に「PCオーディオの終着」と思っていたXDUOO Link2 BalがWindows11では音飛びする問題が発生したため原因を調べると、どうやらWindows11とUSB DACの相性が悪いことが判明。これはいけない。

それでCreative Sound BlasterX G5へ光デジタルで入力して再生したところ音飛びが一切なく、USB DACにありがちな遅延も感じられなくて評価を見直した。不本意だ。

その後継機であるG6はホワイトノイズがG5より抑えられており高感度なIEM Kinera Freyaでもほとんど気にならないレベルであった。まあええか!

なんだかんだいってもSound Blasterの聞き疲れしないウォーム系の音質が好みである。



これまで「オンボードサウンドのアナログ出力」と「USBオーディオデバイス」しか考えていなかったのですが、今回は「オンボードサウンドのデジタル出力」を採用する流れになったわけです。

USBオーディオと違ってケーブルが1本余分に必要になりますが、この接続ならUSB DACにありがちな音飛びや遅延がなく、アナログ出力では避けられない音質の劣化とノイズの問題も一気に解消できます。

なお光デジタル入力に対応している外付けデバイスはG5/G6以外に、SteelSeriesのGameDAC、ASTRO MIXAMP PRO TRなどがありますが、公表上のSN比ではG6の音質がずば抜けて高い130dBとなっています。

G5もG6もUSBオーディオとして使用するとどうにも音が遅延して聞こえてしまうのがだめです。
光デジタルのデコーダーとして使用すれば遅延は感じられません。
ぶっちゃけSound Blasterはハードウェアはよくできているのに、USBオーディオとして動作させるためのドライバーやソフトウェアの設計が悪すぎるのです。



光デジタルで運用する場合、USBはあくまで「電源供給のみ」。
電源は「USB充電器」にポート単体で接続します。

PCやゲーム機にUSBを接続する場合でも、「再生デバイス」としての設定はオンボードサウンドの光デジタル出力です。
(Realtek Digital OutputをWindowsの出力デバイスに設定します)




……Windows10だったらXDUOO Link2 Balで何の問題もなかったんですけどねえええ!


オーディオはほんとどうでもいいところでつまずく!!!!!!

2024/07/19

個人に万能性を求めすぎるから人口が減少する

一人でなんでもできるのなら手伝う必要もなくなり、最終的に孤立するだけです。

人を増やしたければ不完全さや不器用さが必要なんですよ。


万能選手はコンテンツを殺してしまいます。


競技においてあまりにも戦力差のある試合が予想通り一方的な展開となった場合、敗者より勝者のメンタルのほうがヤバくなるといいますね……


2024/07/18

住み分けや適材適所で成り立っていたものが、「平等」を追求し始めたとたんに上手くいかなくなっている

やはり女(母親)の育児と男(父親)の育児は別物なんですよ…

育児に対する意識、目的、やり方がまったく異なるのです。


男女平等が叫ばれるようになってから父親も積極的に育児にかかわる流れになってきたのですが、“過干渉” がしばしば深刻な問題になっているといいます。

「ママ友」だけのグループなら円滑に事が運ぶ行事でも、そこへ男が加わると合理性や主体性が強まって秩序が乱れてしまうことが多いんです。


父親も「善かれと思って」よその子供と積極的に交流しようと試みるのですが、どうやらそれが現場では非常に迷惑なんだとか……


特定の子供や家族と仲良くなることによって “ハブられる” 人が出てきてしまうんです。


「イクメン」の不用意な干渉が思わぬ事態を引き起こします。


平等とは、対立と分断である…?


男女には生物学的な向き不向きがあるので、なんでもかんでも平等を図ればいいというものではないのでしょう。

ダック&カバーでは特に耳を澄ます必要がある!



ダック&カバーの警報はとにかく遠距離攻撃を仕掛けてくるモンスターが大量に出現する!
おまけにスウォマゲドンとの二重警報なので近接も厄介だ!

イヤホンでしっかり音を聞いていれば、こんなふうに地面を掘っている最中でもアシッドスピッターの攻撃を回避できるぞ!

夏場は特にエアコンに扇風機というバックグラウンドノイズが大きいため、遮音性の高いIEMが欠かせない。
優れたイヤホンを使い、 “バーチャルサラウンド” などではなくチャンネルセパレートの優れた高精度なステレオで再生することが重要だ。

2024/07/17

優秀な人は政治より事業だからね

政治家が無能の集まりに見えるのは仕方のないこと……

「誰がリーダになってもやっていける構造」そのものだから、ビジネスとは求められるスキルが違うんです。

2024/07/16

ドレッドノートにはモール弾がいいなぁ



地形越しに狙って撃てばものすごいダメージ☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ





ボスが動きを止めたときを狙って;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

2024/07/15

よくわからない研究や「謎のデータ」を集めることからスタートする

初めから結果のわかっていることにしか注力しないのはだめですよ。

夏休みの自由研究とか読書感想文がすべてを台無しにしています。

あれはもう結果というか「答え」がどうあるかを初めから誘導されているようなもの。


そんなものが高く評価されて結果ありきの研究ばかりだから「後追い」になるんです。


答えや成果がわかってから、厚かましく便乗しようとする……



でもカネばかりかけて何も作れないじゃん。


それはお金の使い方が間違っているからです。

ろくに基礎ができていないのに後追いと誘致に投資したって間に合うわけがないんですよ……


「ハズレ馬券を買わず当たり馬券だけを買えば確実に儲かるのではないだろうか!?」

という支離滅裂な思考そのもの。



もうね、なんというか……

現場で「即戦力」を求めるのも、結果や待遇だけで仕事を選ぶのも、みんな間違った教育の産物なんだなぁと……


「役に立つかどうかわからない研究」って、神の視点でもなければ判断できるわけがないでしょ?


そういう研究の長年の蓄積が大発見を生む可能性を秘めているのに、当たり馬券の理論(笑)で手を引いてしまったらスタートラインに立つことすらできなくなるんです。

研究のためではなく「研究費を引き出すための口実」になっているのが問題なのであって、研究そのものをやめていいのでは決してありません。



下手に断捨離したりミニマリストや節約に専念したりすると、もっと重要なものを失う恐れがあります。

作業場やデスクをきれいに整理することも大切ですが、多少は散らかっていたほうがはかどることが多いんですよ。

うーんこのバレルディスペンサーの位置



このくらいの勾配ならガンナーのジップライン1本でどうにかなるな…!

グラントにぼこぼこにされるのが腹立つけどwwwww