2021年7月23日金曜日

異常を装っているのかww本当に気が触れてしまったのかwww

 何のために撮影されたのか意味不明な動画www奇声を発しながらミミズを撮影しているwww

異常を装う?それとも本当に気が触れてしまう?意味不明系ミミズオンライン撮影RPG奇声。

なんか霊の顔がマツコに似てるwwwデッサンのおかしいマツコ・デラックス……


結局異常を装っているのか本当に気が触れてしまったのか( ○ ´ ー ` ● )どっち?

2021年7月22日木曜日

『人がAI化しているかもしれない』…SNSから離れるのは正解

コンピューターやロボットよりも人間のほうがAIになりつつある気がします。

仕事、娯楽、交友、生活のさまざまな様相がプログラム通りに動いているAIのように思えて仕方ありません……

「自我を持たなくなったAI」という表現が適切でしょうか。AIが自我を持つのかは別として……。


自分の意志で判断ができず、与えられた課題を指示通りにこなし、少し休み、また忙しく働く──。
空いた時間にはスマホと向き合って自己顕示欲の品評会・SNSに没頭する……
嫌というほどマウントを取られ、またマウントを取り、どんなに競争しても何も満たされることはない。


おかしいな……

どうして人間のほうがロボットより不遇なのだろう……


SNSのアカウントを削除した人は後悔どころか気が楽になったといいます。
さんざん夢中になっていたSNSから離れるのには勇気がいりますが、その判断は正しいです。

SNSで築かれる交友や信頼関係の多くは虚構のものであり、失っても問題はないと考えられます。


大切なのは、SNSを退会しても気にかけてくれる仲間、または気になる人がいるだけで十分だということです。

不特定多数のフォロワー100人よりも価値があります。

しかし皮肉なことにその価値は、SNSから離れるまで気づかないことが多いのです……


こじれて取り返しのつかないことになる前に賢明な判断をしましょう。

2021年7月21日水曜日

いま生きていることには大きな意味がある

「自然淘汰」や「弱肉強食」という言葉を好む人がいますが、たいていは自分が淘汰される弱者であると悲観していることが多いです。

しかし……それがいかにも真実だとしても……

現実はそうではないのです。


本当に弱者で淘汰される立場なら、日の目を見る前にそうなっているはずだからです。

こんなふうにブログに書いた文章が誰かの目に一瞬でも留まれば、その裏付けとなります。


なので安易に「自分は淘汰される」とか「弱者に生きる道などない」と思わないでください。

ゴミのような人生にもゴミのような価値があるのです。

ゴミではなく「ゴミのよう」なんですよ。

意外な使い道を思いついたり、開き直って大胆に振る舞ったりすることができます。


実際のゴミの中には貴金属が微量に──しかし天然素材と比較すれば大量に──含まれているものです。

少ない労力でそれを取り出すことができるかもしれないので、案外効率的な生き方と言えるのではないでしょうか。

本当に(・∀・)ゥィルスー!!のせいなのかもしれないね

多種多様な不祥事と言い訳で話題に事欠かない日々が続いていますが……
こういう混乱を間接的あるいは直接的に引き起こしているのが(・∀・)ゥィルスー!!だとしたら……

「間接的に」というのはありえそう。
終わりの見えない不安から正気を失った人々が自暴自棄になるのは無理もない話です。
自分だけでなく周りを道連れにしたり、みんなで仲良く不幸になることを願ってやまない人が躍起になって活動したりしているのも事実。

「直接的に」というのは怪しいけど……ないとも言い切れない。
実際に宿主の性格や行動を変えてしまう寄生虫が存在するわけですし、腸内細菌によって体調が左右されることもわかってきているので……。

もし(・∀・)ゥィルスー!!が物理的な健康被害だけでなく精神や思考をも操るものだとしたら……

まぁオカルトの域を出ませんけどね。

こういう考えがふと頭をよぎっても、あまり深入りしないほうがいいですよ。

興味本位でも深淵をのぞき込むことは危険;;;

2021年7月20日火曜日

強い不安、恐怖、あせり、怒り、期待に対する耐性には個人差があるが…

一定以上のストレスが長く続くとさまざまな防御反応が起こります。

物理的に暴れたり引きこもったりするだけでなく、現状を変えるために「脳」が誤作動することがあります。

不安、恐怖、あせり、怒りはわかるが、「期待」がよくわからないかもしれません。
「期待が叶わない」「欲求が満たされない」といえばわかるでしょうか。

その耐性の個人差が非常に大きいのです………


耐性のない人は以前も話したように、「相手の思考や物事の動向は自分で制御可能である」と思い込んでしまっていることが共通しています。

自分には知識がある、経験がある、魅力もある、現状を改善する意思もある……なのにどうして言うことを聞かないんだ…!

というのは想像を絶するストレスになります。


やがて自分で自分を攻撃し始めるのですよ……


自分の意のままに操れる」という期待というか思い上がりが、不安にも恐怖にもあせりにも怒りにも化けるのです。

人によっては期待するのもされるのも脅威なんですよね………


異性の親に対する態度で恋人の扱い方がわかるという…

自分の母親を大事にしない男は彼女も大事にしないのはガチっぽいんですよね…

異性の親と同じように恋人と付き合うことが多い。


もちろんマザコンや溺愛や過度の主従関係には別の問題がありますが……。

ここでいうのは常識的な感謝や敬意や態度や振る舞いのことです。


親を乱暴に扱ったり、無下にしたり、ましてや恋人の前でキレたりするような人は……

………本能的に察するというか、「私はこの人からこんな仕打ちを受けるかもしれない」とドン引きされてしまいます。

かといって恋人の前でだけ親と仲良くしたり、いつもSNSでアピールしたりする人は信頼できません。



恋愛の価値観や様相は時代とともに変化しているので、都合のいい部分だけを見せ合うSNS上の交際なら親との関係を重視する必要はないのですが、それですべてが満たされるならともかく、実際にリアルで付き合うことになると不十分……というかあまりにも不適切になってしまいます。

外観だけをどんなに美しくカッコよく見せたとしても、ちょっとしたことで化けの皮がはがれます。

かといって内面をよく見せるのは非常に難しいし、成果を得るのに時間がかかるので、上辺だけのやり取りが好まれる………というわけです。


2021年7月19日月曜日

『嫌われるかもしれない』という考えはほどほどに

「嫌われるかもしれない」という考えや振る舞いそのものが「嫌われる」可能性が高いのと、そのような徹底したリスク回避はいい結果をもたらさないことが多いからです。

最終的に「死にたくないから生きたくない」という極端な発想につながります。
「生まれてこなければ死なずに済む」……実はこれは非常に自己中心的な見方です。

昔の私が陥っていた罠です。


最初から嫌われる前提で人と接して「あぁやっぱりね」というのはどうなのでしょう?

人と付き合いたいのではなく、自分の筋書き通りに嫌われることを確認したいだけなのではありませんか?

本当に誰か(あるいは何か)を好きになったことがあれば、そういうシミュレーションのような発想は出てこないはずです。


時間は無限にはありません。

我慢や貯蓄に回すより、適切な時期に消費して「経験」することのほうが重要です。



「嫌われるかもしれない」とネガティヴになりがちな人はこう考えてみてください。

嫌われることも許されない」という条件を加えられたらどうですか?


それが本当の「ハードモード」なんですよ。

熱中症を「ゆで卵」にたとえると理解を得やすい

ゆで卵をどんなに冷やしても生卵には戻らないという話をすると、熱中症の脅威が他人事ではないことを理解されやすくなりますね。

たんぱく質は一定の温度で凝固すると元には戻りません……

それに近いことが人体で起こる恐れがあるので、高温時にはそもそも屋外へ出たり運動をしたりしないようにするのが大切です。


根拠のない自信や精神論を持ち出して熱中症のリスクを広める人に気をつけましょう…

運動神経のよしあし云々はゲームにも当てはまりそう

「ゲーム」という言葉は多義的なので「ビデオゲーム」や「コンピューターゲーム」といったほうが適切でしょうか。

「テレビゲーム」はテレビが一般的ではなくなってきた現代では不適切だし、「ファミコン」は知らない世代には理解できません。

まあ専門家からの受け売り情報(笑)ですが……
反復練習や成功体験といった運動神経のよしあしに関わる要素はゲームにも当てはまるといえます。


シンプルな横スクロールアクションゲームから高度な3Dゲームに至るまで、最初は何度もミスをしても繰り返し同じステージをプレイすることで慣れてきます。
よほど飽きっぽい人や疾病のある人でない限り、反復練習には一定の効果が期待できるのです。

私も虫さんトコトコで実感しています。

こんなん無理wwww一生終わらんwwwwクリアできないようになってるだろwwww仕様が悪いwwww

…などとブツブツ言いつつも結局クリアできてるんですよね……


しかし初見であきらめるとだめです;;

2回目は1回目より上達しているということを察すれば、そこから「反復練習」が始まります。

「成功体験」として認識し、少しでも自己評価が上がれば確実に「コツをつかむ」ことができます。

なんだか自己啓発っぽくて抵抗があるかもしれませんが……これはスポーツ科学や医学的な根拠がちゃんとあるんですね。

遺伝、生まれつきの能力、才能といったものの影響は無視できないし、反復練習ができるかできないかは本人の性格にもよるので、一見すると事実無根でオカルトや自己啓発っぽく見えてしまうのも事実です。


2回目をプレイできるかどうかが最大の分かれ目だと思います。

疲れた・疲れていないに関わらず「休む」ことも大切です。

休んでいる間に体がコツを覚える場合があるんですよ。


「自分を客観的に見る」ためにはゲームプレイを録画するのが一番いいでしょう。

動画を見直してみると、プレイ中には気づかなかった多くの点が見えてきます。


上達のメカニズムは単純なものなのですが、すぐ飲み込める人となかなか上達しない人がいるのが現実。

上達しなかった人は1回目で断念していたケースがとても多いんですね……

2021年7月18日日曜日

ナイトラが1個足りないwww79個www



こんな絵に描いたような展開があるのかwwwww

虫さんが多すぎるwwwwwww
虫さんトコトコトコトコトコトコトコトコトコトコトコトコで草

しかしここから数分間逃げ回ってナイトラを拾って補給できたぞ!
その直後に第2波が湧いて((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア

ハザード4の怖さがこれ……
ウェーブが収まる前に次のウェーブが始まるwwwww

第1波が収まるとどうなるの?
知らんのか
第2波が始まる


補給してはウェーブ、補給してはウェーブ、で、一向に進まないwwww

どうにかボスコと掘り起こして……\(^o^)/オワタ


やっぱミニガンは細かく撃ち分けるよりオーバーヒート寸前の焼夷弾を狙ったほうがよさそう?