2021年11月25日木曜日

PRO X SUPERLIGHTマウスのファームウェア更新


結局また7.1サラウンドの不具合を起こしているG HUBを使ってマウスのファームウェアをアップデートします。

PRO X SUPERLIGHTを有線・無線両方で接続できる状態にする必要があります。


デバイスとレシーバー両方を接続して、更新のチェックを同時に行うことを強くお勧めします。これによって、更新後にデバイスがレシーバーに接続されたままになります。
とありますが、マウスをUSBケーブルで接続し、レシーバーもPCに挿しておかないと先へ進めませんでした。

 


きちんと接続が確認されると「インストール」ボタンがアクティブとなり押すことができます。

ファームウェアの更新に2分ほどかかります。
更新が完了するまでマウスを一切操作できなくなるので注意してください!

マウスとレシーバーのファームウェアがアップデートされ、パフォーマンス改善とバグ修正が行われました。

PRO X SUPERLIGHT:25.1.18
LIGHTSPEEDレシーバー:4.2.9

となりました。

ファームウェアの更新が完了したらG HUBをアンインストールします。

G HUBがインストールされているだけでLogicoolのUSBヘッドセットのスピーカー構成が7.1サラウンドに固定され、ゲームタイトルによっては正常なサウンドが再生できなくなる問題があるためです。

Logicool G PRO Xマイクテスト…G433からの買い替えレビュー G HUBがまた改悪された
DTS Headphone:X 2.0の7.1サラウンドは「低音によるマスク」が没入感を与えているのか…?


Logicool G PRO X SUPERLIGHTホワイト無線マウス オンボードメモリマネージャーでサイドボタンに割り当て設定

マウスは原則としてG HUBではなく「オンボードメモリマネージャー」を使って設定します。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!