2021年11月26日金曜日

DTS Headphone:X 2.0の7.1サラウンドは「低音によるマスク」が没入感を与えているのか…?

PRO X SUPERLIGHTのファームウェアを更新するために「G HUB」を一時的にインストールしたついでにPRO X DACのDTS Headphone:X 2.0を試してみましたが……

「点音源が面音源のように広がって音像と距離感がぼやけるだけのゴミサラウンド」ですね。
これをFPSゲームで使用して有利になるとは到底考えられません。

しかしながら過剰な低音による「マスク効果」があり、強い閉塞感を伴ってゲームに没入しているかのような体験ができます。

いわゆる「エンジョイ勢」にはウケると思いますが、「プロ」にとっては無用です。


私は何度も説明しているのですが、FPSゲームはゲームエンジンによって三次元空間の任意の座標からリアルタイムに発生するサウンドイベントを現実と同じようなアルゴリズムでレンダリングしていて、環境に依存しないステレオヘッドホンで適切に聴取できる音声を出力することで処理が完結しています。


ゲームエンジンはプレイヤーの一人称視点で現実に近い音響をレンダリングしているのに、デバイスやソフトウェアは「サラウンドスピーカー」の音声を再現してしまうため、ゲーム本来のサウンドから乖離するということです。

「バーチャルサラウンド」はいわばゲーム音声を二重に処理しているようなものなので、「風呂場にいるように聞こえる」残念なサウンドになるのです。

サラウンドという概念自体がもう時代遅れというか、「音響」「人間の聴覚」「ゲームエンジン」「利権」をよく理解していない人たちの間で広まったビジネスの一つに過ぎません。
不要なものを買わせるために付加価値をちらつかせるのは商売の常套手段であり、それ自体は別に悪いことではないのですが、真に受けてもあとあと不快な思いをするだけです。

だまされている人は一生だまされていたほうが幸せかもしれません。

DTS Headphone:X 2.0は異常に強い低音を出すことで両耳とヘッドホンが一体化したかのような錯覚を起こさせ、ゲームに対する没入感を高めているものと思われます。

外音を遮断するノイズキャンセリングに近い効果があるので、「低音によるマスク」と表現するのが適切でしょう。
難聴や頭痛の原因になる可能性があります。

DTS Headphone:XというよりもDTSスーパーステレオモードが悪いんですね。

よく読めば「定位がよくなる」ではなく「定位感」というあいまいな表現が用いられていて、優良誤認を上手く回避していることがわかります。





すぐアンインストールしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!