2021年11月9日火曜日

「都合のいい相手」を求めて台無しになる

理想も願望も要求も、つまるところ「自分にとって都合のいい相手」と言い換えることができます。
そんなものにいつまでも夢を見続けている人の行く末は…………
都合のいい人間にもっとも近いもの……それは「自分の親」です。
わがままを聞いてこれまで育ててくれた親ほど「都合のいい人間」はいません。
 

「でも実際にそういう親がいるのだから、ほかにも都合のいい人がいてもおかしくない」

たしかに理論上は存在するかもしれません。


しかし……


相手に求めるばかりで、自身から提供できるものが何もなければ、どこかで破綻してしまいます。

非常に危険な綱渡りです。

破綻しないギリギリを保っているカップルは「共依存」や「DV」というきわめて深刻な状態であることが多く、最悪共倒れの運命が待っています。




「危険な綱渡り」や「リスク」を徹底的に避けるなら、そもそもパートナーなんか求めないんですよね。


つまり……どう転んだってそういう人は独身になってしまうのです。

「独身だと自分が病気になったときにどうやって生き延びるのか?」という質問に、「パートナーに迷惑をかけたくないから一人で死ぬ」と答えます。

そのくらい達観というか諦観してしまっているんですよね……


若い人たちの間にどんどん悲観的な思想が広まっている状況で「少子化対策」なんてほとんど意味がありません。

対策をしているアピールだけで本質的な解決にはなりません。


世の中の悪い部分だけを知りすぎたのでしょうか。
決してそれがすべてではないはずなのですが……

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!