2014年6月21日土曜日

ヘッドホンは頭に「乗せる」←間違いでした…

眼鏡をかけている人でヘッドホンやヘッドセットの側圧が痛い場合、眼鏡のフレームが原因の可能性があります。モダンなデザインの薄く柔らかいテンプルの眼鏡がオススメです。

ヘッドホンは帽子のように「かぶる」のではなく、
鉢巻のように「絞める」ものでもないですね。

頭にピッタリ合わせて耳をしっかり覆おうとしなくてもいいんですよ。



ヘッドバンドを頭頂部にグイッと押し当ててスライダーの長さを合わせて
耳をガッチリと包み込むように調整するのは、きつすぎです。

↑これが間違いというか不適切な場合のあることがわかりました。

ふかふかで柔らかいヘッドバンドのクッションは上から押さえて頭頂部のラインにぴったり合わせます。よいヘッドホンであれば「それでも痛くならない」ので頭部との一体感が増し、イヤーカップの密閉性が高くなって低音の質が非常に改善されます。

ある程度ヘッドバンドのクッションを深くかぶることによって圧力が分散し、頭頂部から左右にかけて「押さえつけるのではなく丸く包み込む」形になります。
最初はちょっと圧迫感を覚えるかもしれませんが、力が上手く分散するので痛くはならず、しっかり固定されて遮音性と密閉性が高くなり、外来のノイズを抑えて低音がきれいに聞こえるようになります。



頭蓋骨の大きさや形、耳の高さは個人差があるから、
スライダーの長さは左右対称になるとは限りません

左右のハウジングを両手でしっかりと保持して広げて、頭を入れ、
頭頂部を押しつけるのではなく軽く乗せて、そのまま両耳にかぶせる。
右手でヘッドバンドが動かないように押さえながら
左手でアームを持ってスライダーの長さを調整する。
次に手を変えて反対側も調整する。

ヘッドバンドが頭のどの位置がいいかは個人差と好みで変わってきます。

イヤーカップが浅かったり柔らかすぎる素材だったりする場合、
耳殻の外側の部分がドライバーユニットに接触し、
しだいに痛みを覚えるようになることがあります。

ヘッドホンの側圧を弱める
(ヘッドバンドを押し曲げる・ティッシュの箱などに挟んでおくなど)
ことでも対処できます
が、
イヤーカップとドライバーユニットの隙間に細長く丸めたティッシュペーパーを
詰めて高さを加えるのも効果的です。
↑これもおすすめしません。
よいヘッドホンは「側圧が強すぎる」ことなどなく、バンドを広げて緩める必要がありません。むしろ故意に緩めてしまうとイヤーカップの密着性が低下し、音質に悪影響を与える場合があります。

私も少し試してみたのですが……
緩いヘッドホンとぴったり密着したヘッドホンでは明らかに低音の再現性が違っています。

さらに重要なのは、緩いからといって耳や耳の周りが痛くならないわけではないということです。

「ヘッドホンの側圧で痛くなる」のはヘッドホンのせいではなく、「眼鏡のテンプル」が耳の後ろに食い込むのが原因であることが判明しました。

太くて滑り止めのついた眼鏡をモダンな細いフレームのものに変えたところ、ヘッドホンを半日くらいつけっぱなしにしても痛くなりません。

前者のメガネをかけていると数分で耳の後ろに食い込み始め、側頭部が痛くなってしまいます。

Logicool G PRO Xでは特に顕著に違いがわかります。


ヘッドホン全体を頭部の後ろのほうではなく、イヤーカップが頬骨にかかるあたりまで前に出すのがポイントです。後ろすぎると耳たぶが接触して痛くなりやすいです。




ヘッドホンは長期間の使用により「ヘタって」きます。
合皮のイヤーパッドはボロボロになり、中身のスポンジは弾力性を失い固くなってきます。
ヘッドバンドやスライダーが割れたり折れたりすることもあります。

Logicool G433は私が使ったヘッドセットの中では一番長持ちしています。
イヤーパッドの素材がスポーツメッシュとマイクロファイバーなのが特徴で、合皮のようなボロボロと崩れるような劣化が(3年経過しても)起きていません。

合皮は使っても使わなくても、手入れをしてもしなくても2年くらいで劣化してしまいます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!