2020年6月1日月曜日

Logicool G433イヤーパッドの外し方と取り付け方を動画で解説 ほかにいいゲーミングヘッドセットは…



快適なヘッドセットでしたがイヤーパッドの着脱法がわからなくて困っている人が多いので動画で説明しました。

外し方は簡単です。悩むことはありません。
取り付けるときはイヤーパッドのLとR、上下を間違えないようにして、本体側の切れ目に半透明のスリーブの一端を挿し込み、回しながらはめ込んでいくだけです。

新品を買った人でイヤーパッドが「ゴワゴワして固いなぁ」と感じたら、しばらく手で温めながら揉みほぐすといいでしょう。

洗濯の際は中性洗剤を薄めたもので軽く洗い、よくすすいで、絞って風通しのいいところに吊るして乾燥させます。
食器用洗剤でもきれいに洗えます。

洗えるイヤーパッドといっても、よほど悪臭を放つ汚染や、肌に付着するほどの染み込みがない限り、そう頻繁に洗濯する必要はありません。
一度でも水で洗うと表面の感触が変化し、装着したときに違和感を覚えることがあるからです。
洗ったらすぐに乾かさないと「生乾き」の悪臭を放つ可能性があるので気をつけましょう。



推測ですがこのG433。初期不良による返品の要求が非常に多く見受けられるため、初めから不具合品を販売している店もあるのではないか…と思っています。
片耳から音が出ない、マイクが使えない、プラグが破損している、接触不良、左右の結線が逆、付属品が欠落しているなどなど…。
そもそも正常なものが売っているのかすら怪しいです。


G433はゲーミングヘッドセットとしては非常に軽量で259gしかありません。
どのメーカーもハイエンド製品になると350g前後のものがほとんどなのでその差は歴然です。

布、クロス、メッシュ素材、ベロア調といった通気性の高いイヤーパッドは合皮に比べて音漏れしやすく、特定の音域が弱くなりがちです。

「開放型ヘッドホン」はドライバーユニットの設計が密閉型とは違って音漏れするのは正常で、それで適切なサウンドを聴取できる構造になっています。開放型はゲーミングヘッドセットにはあまり多くありませんが、密閉型にはない快適さや音場の広さを体験できるので一考の余地があります。

正直なところG433は「密閉型の短所」と「開放型の短所」を兼ね備えてしまっているため、それが低評価の大きな要因になっていると思います。











故障さえなければ7000円台で買えるG433は安いと思いますけどね……
よくある合皮のイヤーパッドに比べて長持ちしていますし。
もう少し改良されていればG433をリピート買いしてもいいのですが、「PROのように聴く、PROのように話す」という煽り文句のG PRO XにもG433のような布製イヤーパッドが付属されているので検討する価値がありそうです。




G433にCreative Sound BlasterX G5を追加しても2万円未満。

このG5にはいろいろ不具合があって廃棄物のように扱われていましたが原因が判明しており、クリエイティブのサイトからドライバーソフトウェアをダウンロードせずに、PCとUSB接続したときにWindows10が自動的にインストールするドライバーのみで使用すると遅延もなく正常に動作します。

ヘッドセットのブームマイクから入力する音声処理が優秀で、話者の声は拾うが周辺の音は極力拾わない(小さくする)ノイズリダクション機能がハードコードされているのが特徴です。

ただ胸元に取り付けるピンマイクや、卓上に置くマイクは口との距離が遠すぎるため、やたら音量が小さくなってしまう欠点があります。音の大きさは距離の2乗に反比例して減衰するためです。





PROのように聴く、PROのように話す。というキャッチコピーがくせになるG PRO X
本当のPROなのか、それともPRO()なのか気になります。
USBサウンドカードはいらないのでヘッドセットだけ欲し……って重量は320gもあるんですね。G433は259gであることを考えると重たいです。





Razer Kraken V3 Xは価格的にも重量的(285g)にもG433と競合しそうなヘッドセットですが、接続が汎用な3.5mmプラグではなくUSBのみであることが問題です。
シンプルなG433とは対象的にRGBに光るギミックがあり、好みが分かれます。





シャムさんが使っているヘッドセットの現行機はわずか195g。非常に軽量です。
しかしこれはオンイヤー型であり、耳たぶの周囲を優しく覆うのではなく「耳に乗せる」タイプのスポンジであることに注意してください。テイジュウオンが素晴らしい。



発売から時間が経過しているヘッドセットは避けたほうがいいかもしれません。
なぜならショップの「返品ポリシー」が年々怪しくなっていて、返却された不良品を梱包だけ新しくして販売している可能性があるからです。

私はG433を発売後すぐに購入したのでおそらく初期出荷分の新品に間違いないと思われますが、最近になって買った人は、特に通販はロシアンルーレット状態になっているかもしれません。

不良品をつかまされるリスクが心配な人は、広告や通販サイト、メーカーのSNSなどをこまめにチェックして「新製品を発売日にすぐ買う」ほうが安心できると思います。その場合、USB接続するデバイスはファームウェアやドライバーが未完成であることが多いので、しばらくは動作に悩まされる可能性はありますが……。

またイヤーパッドは経年劣化によって徐々に傷んでいく「消耗品」なので、新品とはいえ製造から時間がたっているものは最初から破れていることもあります。安いからといってセールや在庫処分に飛びつくのではなく、高くても新しいものを選んだほうが結局は長持ちすることが多いです。



🔗G433よりはるかに上下の音を聞き分けやすいイヤホン「BLON BL-05」のレビュー
マザーボードのヘッドホンジャック(ALC1220)直挿しでめちゃくちゃ定位がいいですよ!
ヘッドホンやヘッドセットマイクにこだわらないのであればこちらのほうがオススメです。

2 件のコメント:

  1. 実は耳当てにコーヒーをこぼしてしまって、、、このサイトに会えてよかったです!!ありがとうございます!!

    返信削除
    返信
    1. どうもありがとうございます。
      それは災難でしたね……無事でよかったです!

      削除

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!