2020年6月29日月曜日

Intuos4のグリップペン用標準径穴なしラバーグリップ(ACK-30003)と太径(ACK-30002)を最新のWacom Intuos Proのプロペン2(KP-504E)に換装可能

Intuos4のグリップペンとWacom Intuos Proのプロペン2には互換性があり、古いラバーグリップを(経年劣化でボロボロになっていなければ)最新のペンに取り付けることができます。
PTH-860/K0に付属されていたプロペン2を分解します。
ペン先のスリーブを反時計回りに外し、銀色の枠と黒色のボタンを爪やピンセット等でそっと取り外します。小さなプラスチックの部品なので折ったり紛失したりしないように気をつけましょう。
その後ラバーグリップを前方へ引っ張ると抜くことができます。

上が「標準径穴なしラバーグリップ」に換装したIntuos4のグリップペン。
下が「太径ラバーグリップ」に換装したWacom Intuos Proのプロペン2。


ラバーグリップをよく見ると内径に非対称のくぼみがあることがわかります。
このくぼみをペン本体の「ボタンのある側」と「その反対側」の突起に合わせて挿し込みます。

古いラバーグリップなので膨張しているのか、プロペン2とは微妙に太さが一致しません。
しかししっかりと固定されるので問題なく使用できます。

実際にプロペン2に昔のラバーグリップを取り付けることができました、という報告でした。

個人的には、ペンのサイドボタンはないほうが自由に持つことができるので外すことを推奨します。

ラバーグリップに余分な出費がかかりますが、快適に操作できるので私は強くおすすめしています。





太いグリップが好みの人はこちら。




本来のペンの太さが好みの人はこちら。

ちなみに私は2011年12月29日にグリップを購入しましたが特にベタつきやひび割れなどの劣化はなく、今でも快適に使用することができています。




Intuos4のグリップペン(KP-501E)はこれです。
Wacom Intuos Proでは筆圧2048レベルのペンとして使用可能です。






Wacom Intuos Proのプロペン2(KP-504E)はこれです。
Intuos4、5、旧Intuos Proでは使用不可です。



Wacom Intuos Proは旧Intuos Proとは別物のように品質(ビルドクオリティ)がよくなっています。
バッテリーやレシーバーを覆っていた貧弱で脱落しやすいカバーが一切なくなり、アルミニウムとFRPで形成された本体の剛性は高く(Intuos4以上に堅牢)、評判の悪かった表面のラバー加工もFRPに置き換えられ、ベタつきや手を動かす際の摩擦がほとんどありません。

厚さが3.5mm薄くなっただけなのにかなり使用感がよくなりました。わずか8mmです。

ホコリが入り込みやすい隙間もほとんどなく、もう掃除に神経質になる必要はありません。

Intuos5からIntuos Proまで不評だった要素が排除されました。

個人的にはタッチホイールの挙動がとても改善されているところが嬉しいです。
指の動きに追従して滑らかにスクロールさせたりブラシサイズを変更したりできるようになりました。


ペンタブレットはラフスケッチや下書きを多用すると芯もオーバーレイシートも摩耗しやすく、交換頻度が高くなりがちです。ある程度、描くものが明確に決まっている場合や、「記号化」されたキャラクターを描く場合はさほど問題にはなりませんが、漠然とした絵ほど無駄な動作が多くなって必要以上に摩耗する傾向があります。
「量より質」ならいいのですが、ラフスケッチばかり描いて何も生み出せなかった昔の私のようなタイプだと、ペンタブどころか「時間」すら無意味に消耗するだけになってしまいます。

長いストロークを最低限、合理的に引くのと、こまごまとした短いタッチを多用するのとでは摩耗に雲泥の差が表れます。いわゆる「プロ」は作業効率を求めて(あるいは結果的に)少ない手順で作品を仕上げる要領を会得しています。同じタッチを繰り返す場合、ソフトウェアの機能を使って自動化やパターンを適用するなど作業を大幅に省略する工夫を凝らしています。
デジタル制作に慣れていない人ほど「下書きから完成まで」すべてをこなそうとするため、必要以上に時間がかかったり、機材を消耗させたりしてしまいます。



シートは芯によってすり減るだけでなく、削れた芯が表面に「すり込まれる」ことによって徐々にツルツルになっていきます。シートの摩擦が減少していくので芯の消耗も使用するにつれて少なくなっていきます。
シートは一様に摩耗することはなく、使用する人の傾向や描画ソフトのUIによってツルツルになる領域がある程度限定されています。しばらく使うことによっていつも操作している部分が適度に摩耗し馴染み、それが各自の基準といえるシートの表面状態になります。



最近のパソコンはデスクトップでもBluetoothを内蔵しているものが多いため、あまりクリエイターからの評価は高くないながらもワイヤレスで手軽に使用できるところも強みです。旧モデルは専用のドングルがUSBポートを占有していたことを思えば、Wacom Intuos Proはより使いやすくなっているといえます。
しかし有線接続に比べると遅延はあり、ペンを素早く動かした際にはポインタが「もっさり」「とびとび」の反応を示す様子が確認できます。とはいえよほど高速で動かさない限りは滑らかな線を描画できるので、電波の混信する環境でなければおよそ快適に使用することが可能です。



また不評だった「タッチ機能」はスライドスイッチにより物理的に無効にできるようになっていて、ドライバーの誤作動で勝手に有効になって操作ミスをした…ということも起こらなくなりました。
無駄なコストアップにつながっている要素ではありますが、マウスを使用せずにタッチで操作を完結させたい要望もあるようなので、これは必要な機能だと考えられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!