2019年11月18日月曜日

パソコンにアース線をつないでハムノイズを解消 漏電は恐ろしい

パソコンのサイドパネルや電源ユニットを固定している「金属ネジ」がアースのポイントです。
スピーカーやイヤホンから「ブーン」という低周波ノイズが実際に聞こえている場合、
ここに指を触れていると収まることがあります(人体がアースとなるため)。
このネジを緩めて電線を巻いて締めつけます。
あるいはアース線のついた電源ケーブルなら、ここから配線します。
パソコン本体だけでなくモニターにも同様のアース線があることがあります。
コンセントにアース端子があればそこへつなげばいいのですが、端子のない家屋の場合、
金属の窓枠にある金属ネジを使って配線の一端を結んで締めましょう。
これだけで大丈夫です。

ブーンというハムノイズは交流の周波数で再生される非常に特徴的な低音です。
低周波だけに頭痛の原因となることもあり、なるべく対策をしたいところです。

このノイズはデバイスのボリュームにかかわらずほぼ同じ音量で聞こえてくるのが特徴です。
音源が無音であろうが爆音であろうが一定の周波数で「ブーン」。

また「チリチリ」「プツプツ」といった不規則なノイズもアースで解消することがあります。



これはあくまでオーディオのノイズを簡易的に確認して解消する方法に過ぎません。

電気工事等は必ず専門の業者に相談してください!





USBヘッドセットやUSBアダプタ経由のヘッドホンで
左耳だけノイズが聞こえる、発振する、左右の聴覚が変になるなどの症状は
いずれも電源から混入しているハムノイズが原因である可能性が高いので
必ずアース線を結ぶようにしましょう。

どんなにいいオーディオ機器を買っても
アース処理を怠るとノイズだらけになるかもしれません。

逆にいえば、いま使っている機器で聞こえるノイズが、
アースをするだけで解消する可能性もあるということです。



マイクに手を触れただけで「ブーン」というひどいノイズが発生する現象も
アースを取ることによって完全に解消されました。

「アースを取る」という表現は誤解を招くかもしれませんね。
「アース線を取り除く」ではなく「接地処理を行う」という意味です。念のため。

機器から伸びる導線の一端をアース(=大地)と接続することです。



日本のコンセントは交流100V、中国や韓国は220Vがパソコンに通電されています。
万が一の漏電に備えてアースを行うことはとても重要です。
特に耳の中に入れるイヤホン、手で触れているキーボード、マウスなどが有線接続されていれば、
まともに感電してしまいますからね。

※閲覧注意

拾った画像のため詳細は不明ですが…
イヤホンをつけた瞬間に感電し身動きが取れなくなり、配線から火花が飛んでいることがわかります。

よく考えたら100Vを通電しているパソコンにイヤホンをつなぐというのは怖いですね…
漏電はスマホやポータブルプレイヤーとは比較にならない脅威です。
しっかり接地処理をしましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!