2022年5月2日月曜日

Razer Seiren V2 Xレビュー マイクよりヘッドフォン出力が高音質、ホワイトノイズあり…SYNAPSEをインストールしてからWindows側で設定

発売から半年も経過しているのにまともなレビューが出てこないRazer Seiren V2 X。
ウェブ検索が意図的に隠しているのか誰も購入していないのか不明なUSBマイクですが、期待を上回る利点があったので簡単に紹介します。



Razerの公式サイトからSynapse3をダウンロードしてインストールします。
いちいちアカウントの取得やログインを求められるので従ってください。

マイクロフォンの設定に「ハイパスフィルター」と「アナログゲインリミッター」の項目がありますが、なぜかここで切り替えても機能しません

Windowsのサウンドプロパティから「録音」タブのRazer Seiren V2 Xを既定のデバイスとし、「Enhancements」の2つの項目にチェックを入れOKします。

こうするといわゆるローカットフィルター(ハイパスフィルター)と音量の正規化(ノーマライズ)が有効になります。
Synapseをインストールしていない状態ではこの項目が出現しないので注意してください。

ゲインを40~50%ほどに調整すると、机の上でキーボードと体の中間あたりに置いたマイクからほどよい音量で収録されるようになり、タイプ音やクリック音を最小限に抑えることが可能です。

専用ソフトで設定しなくても配信ソフトやボイスチャット側でノイズリダクションやエコー除去が利用できるので気にする必要はありません
むしろ二重に適用されて不具合が起こる場合があるので気をつけましょう。


しかしマイクが使用されている状態では、背面のヘッドフォン出力から「キュルルルルル…」というかすかなノイズが断続的に聞こえます。
Synapseがインストールされている環境では、たとえマイクを使用していなくても常時使用中の扱いになるためずっとノイズが聞こえてしまいます。

能率の高いイヤホンでは特に目立つので要注意です。
ホワイトノイズに抵抗のある人はこの点をしっかりと押さえておいてください。


しかもPC起動時にSynapseを立ち上がるようにしないと、マイクのモニタリングが常に有効な状態になります。つまりマイクアンプ由来のキュルルルルルともジィィィィィともティリリリリリリとも取れるノイズが常時聞こえるということです。

モニタリングを無効にするにはSynapseのストリームミキサーのMICROPHONEにあるヘッドホンアイコンをクリックしてミュートにしてください。


私はこれでホワイトノイズの対策ができました。
例の「インピーダンスケーブル」を中継するだけです。こういうパーツがなければ、ボリュームコントローラーのついたヘッドセットを使うと解決します。

インピーダンスを上げることで高感度のイヤホンでもホワイトノイズがほとんど聞こえなくなり、キュルルルルル…というノイズもほぼわからなくなります。対策は完璧といっていいでしょう。

しかしこれはストレートプラグなので「L字型」に変換するアダプターがあると安心です。




直付けのプラグか短い延長ケーブルのどちらが使いやすいか知りたいので、この2つの商品を現在手配中です。

実際に使用してみたところ短い延長ケーブルのほうがよかったです。


非常に驚いたのは、この製品は「マイク」のはずなのにヘッドフォン出力の音質がとてもいいということです。

本当にびっくりしました。

USBマイクについている音声出力なんてどうせ「PCディスプレイ内蔵スピーカーみたいにシャリシャリだろう」と思い込んでいたからです。

……とんでもない!

搭載されているDACやアンプに関してはステレオ、24ビット、48kHzであること以外に詳細はわかりませんが、低域から高域まで音圧が高く、力強く鳴ってくれます。
かといって聞き疲れする音質ではなく、解像度が高く、変な味付けはなく、ゲームのサウンドにも最適です。
非常にクリアな音質のため、(インピーダンスケーブルを使えば)ゲーム内の空気感やフィールドの広大さを生々しく体験でき、暗い洞窟を探索する際の冒険心がかき立てられます。

いわゆるバーチャルサラウンドや立体音響といったデジタル処理に依存するものではなく、純粋な(ソースに忠実な)ステレオ音声です。

これが現代のモニターヘッドホンサウンドといっていいのかもしれませんね。

本当に気に入りました。

よくよく考えてみれば「マイク」というのは再生専用機と違い、リアルタイムに収録している音声を忠実にモニタリングする必要があるので、極力フラットで繊細に聞こえるようなヘッドフォンアンプが求められているはずです。

Seirēn Eliteの商品ページをよく見ると「フラットな周波数特性で可能になる正確な録音」や「フラット周波数特性: あり」と書かれています。

あまり歴史や伝統に固執しすぎず、旧製品ではなく新しく入手することのできるデバイスを最大限に活用しましょう。
定番商品を選ぶのもいいと思うのですが、思考停止で発展しないのは考えものです。





実際のマイクの音質はこんな感じです。
テーブルに直置きしていつものようにしゃべり、マウスとキーボードの音をどの程度拾うかの参考にしてください。







Razer Seiren V2 Xはインピーダンスケーブルかゲーミングヘッドセットを持っている人にはおすすめできるUSBマイクです。
マイクスタンドやアームを買わなくてもテーブルに置いておくだけで十分だと感じました。

指向性パターンが1つしかないのでいろいろ切り替えて遊びたい人には不向きですが、どうせ使わない複数のマイクカプセルにコストを割かず、1つの25mmコンデンサーマイクに注力されていると思えば納得できるのではないでしょうか。
それとも機能マシマシ&余計な付加価値てんこ盛りで不具合まみれのデバイスのほうがいいですか…?

3~4個のマイクカプセルを搭載した他社製のUSBコンデンサーマイクと価格を比較するとSeiren V2 Xは「割高」に感じられるかもしれません。
YetiやQuadCastに実装されている14mmのコンデンサーに対し、Seiren V2 Xは25mmと大型です。

BA型イヤホンやポータブルヘッドホンなどの能率の高い(インピーダンスが低く音圧感度が高い)機器を使うとホワイトノイズがかなり大きく聞こえるため、買ったあとで「なんだこのノイズまみれのマイクは!」ということになりかねないのでおすすめしません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!