2022年5月14日土曜日

無料より有料のソフトのほうがいいというのも固定観念

これまで動画配信ソフトとしてGAMESHOW(2016年12月当時3,335円)とAction!(2018年6月当時3,867円)を使ってきましたが……
無料のOBSに何もかも劣っていますね;;

GAMESHOWは2020年にサービス終了していて、Action!はどんどん動作が怪しくなってYouTubeのアカウントの認証すらできなくなってしまいました。

(´ヘ`;)ハァ

Action!は初心者には一番わかりやすいソフトだとは思いますが不便なところも多くて……本当に最低限の機能しかなく、しかもそれがよく不具合を起こすのでオススメしません。

OBSはパソコンに慣れている人ならともかく、初心者には説明なしではほとんど操作できないと思いますね。

無料のソフト、というかほぼ動画配信の定番になっているため、詳しい使い方を紹介しているサイトはいくらでもあります。
説明を見ればゲーム画面をどうやって取り込むのかすぐにわかるはず。
その設定をしないと黒い画面だけ映って何も見えません。

OBSの初歩的な使い方がわからなくてもう無理だーーという人には有料ソフトがいいのかも……それに3000円の価値があるということなんですかね。


ノイズ除去やゲインなどを細かく調整できるので、特別にいいマイクでなくても十分に使えます。
配信中にさまざまな設定を変更したり無効にしたりできるので、リアルタイムに調整して最適な実況をすることができます。


とにかく……


無料のソフトにできて有料のソフトなのにできないことが多すぎる。


意外でした……


せっかく買ったのだから有料のものを活用したくなるものなんですよね。
でもそれが間違い。
変なバイアスがかかって正しい判断ができなくなります。


0 件のコメント:

コメントを投稿

メーカーから相手にされないようなレベルでも、サポートをたらい回しにされている人でも答えが見つかるかもしれません。
特にゲーミングオーディオ、ヘッドセットのトラブルが多いですね。