2021年10月20日水曜日

体罰が人を成長させることはない

体罰を受けた子供は、不都合なことを暴力で解決しようとする大人になるだけです。

体罰は人を「選別」することはあっても、成績のよくない人を成長させることは決してありません。

統計と因果関係の区別もつかない、教育者の風上にも置けない人間に限ってそういう「強い指導」をします。


もう教育現場そのものが負のスパイラルになっていて、教えたり学んだりする意義が失われつつあります。

人間の活動の多くがテクノロジーに置き換えられたことで、乱暴な者は立場を失って見境なく振る舞うようになりました。
静かな人はさらに静かになり、うるさい人はますますうるさくなっていく……


「刺身の上にたんぽぽを乗せる仕事」や「デスクとコピー機を往復する仕事」や「鉛筆を削る仕事」のほうがマシに思えるほど体罰は悪質です。

体罰をやめさせるのもまた体罰であるからどうにもなりません。

理屈や感情では抑止できないのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!