2021年10月14日木曜日

腹筋の依存性から解放されて腰痛がすっかりよくなったのがありがたい

腰を痛めやすい腹筋運動を一切やめてプランクだけのトレーニングにしたのが大きいと思いますが……
「完全にやめる」のに時間がかかりましたよね;;;
腹筋運動がカリキュラムに入っているので簡単にはやめられない感じだったんです。
不適切なトレーニングにもかかわらず多くの人が採用しているのは、それだけあの典型的な「昔ながらの腹筋運動」に依存性や中毒性があるからなんです。
また依存性以外にも強迫観念というのが深刻で、体を痛めるのに運動をやめるわけにはいかない心理も作用しています。
習慣となっている活動をやめるのは、始めるよりも難しいことなのです。
でも……だからこそ本当にやめる価値があり、それで得られる達成感や充実感は何物にも代えがたい。
一人では難しいかもしれません。
目標や希望を持ち、将来を思い描けるようにすることが大切です。
一人では難しいという人がジムに通ったり、同じ境遇の仲間と張り合ったりしてモチベーションを保つのはとてもよい選択です。

続けられるなら、利用できるものは何でも利用しましょう。


腹筋は適切なトレーニングに必ず「応え」てくれて、健康によい多くのものをもたらすでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!