2021年10月9日土曜日

自立を促すから独身が増えるのでは…

自立できて偉い=独りのほうが好都合という認識に至っているのかもしれません。

ソロで首尾よくいっているのに人を増やすと上手くいかなくなることがあります。
どんな分野でもそうです。
仕事でもゲームでも……労力に見合った成果が得られなければただの失敗だからです。


「船頭多くして船山に登る」ともいいますよね。

自立している人「同士」が集まったら、ことわざの通り指示する人ばかりで統制が取れなくなります。


……


なんだか奇妙な話に思われるかもしれませんが…

結婚というのはどちらか一方が未熟、あるいは従順でなければ成り立たないのではないでしょうか。

自立している二人が一つに結ばれるメリットはないと思いませんか?



奇妙というか……とても時代錯誤のように感じられますが……

一方的な支配のほうが上手くいくんじゃないですかね……

暴君や恐怖政治ではなく、平和的で優しい支配です。

お互いが支配を望むと失敗しますが………


なんだろう????
大昔で時代遅れの価値観のほうが「結婚」には向いているってことですかね?


いや……

現代においてはその「結婚」の意義や認識を変える必要があるのでしょう。



変な言い方ですが「恋愛」は未熟な人でないと成立しません。
というのも恋愛の「プロ」は職業であって真の感情や慈愛を持たないからです。

急に現実的な話をするようになると恋愛は一気に冷めます。

いつまでもそんな青臭い心を持っていたいものです。



とにかく手段が目的になりやすく、ルールを作ること自体が目的となって実用的な運用のできていないことの多い世の中です。


ちょうどいい機会にそれを変えましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!