2021年8月17日火曜日

子供が大切にされない社会の末路…

大人や高齢者の都合ばかり優先し、子供を下に見るか荷物と見る世の中……

それで今や「高齢者が高齢者を介護」するしかなくなりました。
権力を持つ人間が自己保身と現状維持に走りすぎたためです。

彼らは最終的に自分を保つこともできなくなって滅びるしかありません。

残り少ない子供はどうするかというと……将来を悲観して無気力になるか、早く老人になって待遇の良くなることを期待するしかなくなります。


それで妙に大人びた子が多いというか、早熟に至っているのでしょう。

若い子供が「未来に希望を持つことがアホらしい」と思うようになったら終わりですよ……

夢も希望もない大人が社会を動かしているうちはどうしようもありません。

妄想でも冗談でもいいから夢を与えるべきなのです。


アンパンマンの歌が皮肉で憂鬱に聞こえるようでは致命的にまずいですよ……


0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!