2022年1月14日金曜日

「嫌ならやめろ」は最終手段…他にやることがあるだろう

従業員が次々とやめてしまうような職場を改善するのが最優先課題ではないのですか?
なぜか真っ先に解雇や辞職を促すところが多いようですが………
職場環境の改善を提案すると露骨に嫌な顔をされるらしい……
DVの被害者が相談できないのと同じ理由なのか………
「(今の)関係を壊したくないから従うしかない」。
「嫌ならやめろ」というのは本来ならば切り札。最終手段なんですよ。
 
切り札を最初に持ってくるということは……正気じゃない……


なんかもう「人間」に働かせるのも「人間の下」で働くのもまともとは言いがたくなってきましたね。

人間は労働をするのもさせるのも向いてないんじゃないかと思う……

どうやったって首尾よくいかないし、問題ばかり起こしています。
そのつど誰かに責任を押しつけて「解決したつもり」。


できもしない公約を掲げたペテン師をリーダーに選ぶような世界では、本質的に嘘つきというか口の達者な人が評価されるということです。
もはや出世する人に共通している特徴といっても過言ではありません。

心の正直な人はそこに罪悪感を持ってしまうため、尋常でない生きづらさを覚えて精神を病む……ということ。

こじらせると「無敵の人」になる恐れがあります。

「嫌ならやめろ」と言われたらそれに従うしかないんですよね……
さっさとやめないと周りに脅威を与えてしまうので;;


見るからに怖そうな人よりも、真面目で勤勉で親切で誰にでも優しい人のほうがはるかに怖いですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!