2022年6月16日木曜日

ノイズがなく遅延もなく聞き疲れもしないのはオンボードサウンドだけだなぁ


高感度のイヤホンでもホワイトノイズが聞こえないオンボードサウンドALC1220が一番いいですね。

そのままでもノイズはありませんが、インピーダンスケーブルを挿すと音量調整の幅が広がりダイナミックレンジを稼ぐことができるので、音質がさらに向上します。

オンボードサウンドに慣れて「リファレンス」だと思ってしまうと、ほとんどのDACでは多かれ少なかれホワイトノイズが聞こえることに幻滅するのが難点です。


オーディオに興味を持っていろいろな製品を買っても、結局オンボードサウンドに戻ってきてお気に入りのイヤホンで聞いている人は多いのではないでしょうか。


ノイズがないだけでなく遅延もなく、高い駆動力もあって聞き疲れしにくい音質というのは他に類を見ません。

逆にいうとお気に入りのイヤホンとインピーダンスケーブルが1本あれば、どんな機材にも対応できるという意味でもあります。


オーディオ機器には電源の「アース」を行うことと、抵抗入りのケーブルで「ホワイトノイズ」を軽減することと、自分の耳に合った「イヤーピース」を選ぶことと、「ハイレゾ」を勘違いしないことと、「プラグ」を挿し込む深さに気をつけることと、「ゲームのサウンド」の仕様を正しく理解することが大切です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

メーカーから相手にされないようなレベルでも、サポートをたらい回しにされている人でも答えが見つかるかもしれません。
特にゲーミングオーディオ、ヘッドセットのトラブルが多いですね。