2022年6月28日火曜日

イヤホンの音を「ドンシャリ」と表現するのはもう古いかも

今は「ハーマン・ターゲット」という人間の聴覚特性に基づいたチューニングがトレンドなんですね。

eイヤホンで視聴した限りではTANCHJIMのNEW HANAが好みでした。




見た目も非常に高級感があって化粧品のようです。

ケーブルは白色と銅色のツイストした構造が「一見ピンク」というのが素晴らしい……
蛍さんもNEW HANAの見た目が一番いいと言っていました。


低音がめちゃくちゃよかったです。
重量級のモンスターの足音がこれほど繊細かつ大迫力に聞こえるイヤホンは初めて。

一聴して「これドンシャリか?」と思ってしまうほどのインパクトです。

別のゲームサウンドに聞こえるくらいプレトリアンの足音が異質な鳴り方をしていました。
新鮮で非常にいい!



FPSゲーム向きかどうかは実際に購入してみなければ判断できませんが……
iPhone 13 Proに純正のイヤホンアダプタを挿して自分のゲーム実況を視聴した限りでは、かなりよさそうな感じでした。

たぶんしばらく使ったらお気に入りになるイヤホンです。

耳にとてもよくフィットするし、シェルの見た目もサイズも小ぶりでよく、ケーブルがピンクっぽいところもほかのイヤホンにはないよさがある……


NEW HANAはハーマンターゲットにとても忠実に設計されているらしいので、2万円のダイナミックドライバーで迷っているなら選択肢に入れてもいいと思います。


夏はどうしても扇風機を回すため騒音レベルが上がり、試聴するのに適さない季節になりますねぇ……


WALKMAN世代の中高齢者は海外の新興オーディオメーカーを毛嫌いする傾向が強い半面、ブランドにはとても弱く、老舗というだけで商品を選んでしまうことが少なくありません。
自分の意思とは関係なく「売れているものを買う」のはどうなのでしょうか。

もちろんそれも悪くはないのですが、知識や技術をアップデートすることも大切です。
イヤホンは自分の好きなものを選びたいですよね。
しかし品質や評判も気になるでしょう。

最近では日本メーカーのほうが品質で劣り、技術面でも一歩譲り、設計コンセプトや売り方も迷走していることが多いですよ。
かつての評判も今では様変わりしていることが珍しくないのです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

メーカーから相手にされないようなレベルでも、サポートをたらい回しにされている人でも答えが見つかるかもしれません。
特にゲーミングオーディオ、ヘッドセットのトラブルが多いですね。