2021年9月4日土曜日

一番深刻な男女間のトラブルは何か?

それは……

出会いや交際がないこと。

なぜなら人間は遺伝子の乗り物に過ぎないので、その最終的な目標である「生殖」が行われないのは一大事だからです。

実は男女の交際上のトラブルは大した問題ではありません。

遺伝子としてはそんなものは想定内……むしろもっとやれという感じなんですよ。
数多くの交際を経て多様な遺伝子を混ぜることが人間の役割。
それを実質的に操っているのが遺伝子だと思って差し支えありません。


しかしそれが現在………

長引く自粛や規制、遠慮や諦観によって男女の接触する機会が失われてきています。


人間の理性としては、リモートやチャット等の物理的な接触を伴わない交際でも満足するかもしれませんが、それでは遺伝子は役目を果たせません。

人類の歴史の中で理性が本能を上回ったことは一度もないので、これまで途切れることなく遺伝子が引き継がれてきたのです。

……

いよいよ本格的に接触を絶たれるとしたら、遺伝子はどう出るでしょうか。

出会いのない遺伝子は黙って「死」を受け入れるでしょうか?

突然変異を起こして無性生殖を行うようになるでしょうか?

あるいは……

ついに人工的に子供を作り出すことが可能になるのでしょうか?



悲観論や反出生主義を掲げる人たちに反して遺伝子は残り続けてきました。

強引な手段や意外な方法で生き残ることを遺伝子は目論んでいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!