2021年9月2日木曜日

「地球の命を守る」は漠然としていて具体的に何から何を守るのかわからない

羊の命を守るためにそれを食べるオオカミを飢え死にさせるのはどうなのでしょうか?

逆も然り。

オオカミを守るために羊を餌食にしてもいいのでしょうか?


結局「地球の命を守る」というのは人間の主観と都合で決められたスローガンであり、具体的な内容については誰も説明することができません。

代償を払わずに何かを守ることなんて不可能ですよ。

野良猫の命を守ることすら怪しいのに。


どちらかというと「野良猫保護ビジネス」のようなものができて人間の都合で展開されているではありませんか。
補助金や手当を目的にあえて増やした野良猫を保護し、さも慈善活動のように振る舞う。

自分の立場を守っているだけじゃないですかwww
お金ももらえて名声ももらえていいことづくめ!

「人間も地球の一部だからいいのだ」……?

何かを守ることで別の何かが割を食うというのがわかっていない……


そもそも地球は人間を中心に動いているわけではありません。
なのでそれを「守る」というのはおこがましく、「守ってもらう」といったほうが妥当です。

それを忘れた人間は傲慢になり、社会を、地球を意のままに制御できると勘違いし始めました。これからもずっとそう……

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!