2021年7月13日火曜日

Sound BlasterX G1を正しく動作させるためのセットアップ←これではだめでしたね←結局BlasterX Acoustic Engine Proのインストールが必須

G5よりゲーム向きなG1もBlasterX Acoustic Engine ProをインストールすることなくWindows10で動作させることができます。

G1はBlasterX Acoustic Engine ProをインストールしたPCでないと「マイクモニタリング」を無効にすることができず、盛大なノイズ(無音時のホワイトノイズよりも10倍くらいひどい)が聞こえる問題があります。



Windows11でも「X-Plus コンフィグレーター」をインストールして使用できることを確認しました。
「PC起動時に音が出ない」問題は依然として解決しません。


まず大前提として、スピーカー構成で「ステレオ」に設定します。

スピーカーのプロパティの詳細タブから「オーディオ機能拡張を有効にする」のチェックを外してください。
これが重要です。
ここにチェックが入っているとゴミのようなサラウンドが適用され、ゲーム音声が変になるわ、なんか左からの音が大きくなるわで絶対だめです。

必ずチェックを外してください。

G1にあてられているドライバーはMicrosoft標準のものではなくCreative Technology Ltd.のものになっていますが、このままで大丈夫です。
 
G1は……例によって「PC起動時に音声が出ない問題」が連日あります。

Windowsからは正常に認識されているのですが音が出ません。
一度USBを抜き挿しすれば直ります。なんだこれ………


もうSoundBlasterは金輪際使うことはないかな。
品質も設計もコンセプトもマーケティングももう時代遅れ。
ゲーム用といいながらゲームエンジンの仕様も対応も何もかもわかっていない。
WindowsXPで時間が止まっているような印象のメーカー。
独自の賞を作って受賞歴を誇る自画自賛によって生き残っています。
30年前の栄光を引きずっているだけだね……

今どきOSの標準ドライバーで正常に動作しないデバイスは地雷です。
独自のアルゴリズムで動くデバイスは「相性問題の塊」のようなもの。
買わないほうがいい。

不要品を買わせるために付加価値をちらつかせるのは商売の常套手段。
ゲーミングオーディオデバイスはその代表格といっていいでしょう。
しかもその余計な機能のためのソフトウェアの設計が悪く、不具合ばかり起こしているのが現状です。

というかG1とG5のドライバーソフトウェアBlasterX Acoustic Engine Proは
2018年3月8日を最後に更新されていません。
もうサポートする気がないならさっさと打ち切れと言いたい。
もともとハードウェアに欠陥があるから直せないんだろ???これ。

ソフトのファームウェアアップデートや公式サイトへのリンクが切れて動作すらしないし……

こんなメーカーが30年前に覇権を取っていたのが信じられない。



数千円のUSB DACをいくつも買ったり、ゲーミングオーディオデバイスにいろいろ期待したりするのはお金も時間も無駄だということがわかりました。

ストレスがたまるだけで誰も嬉しくありません。


18000円のXDUOO Link2 Balを買ったらホワイトノイズもないし不具合もないし、見た目の高級感も半端ないし、発熱もほとんどないのでびっくりしましたよ。
サウンドカードの進化というより、これが普通なんです。

まともな製品があるのに、それよりはるかに劣っているものが幅を利かせているのが現実。

これからはアンチや低評価を意識するのではなく、よりよいものに目を向けていきたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

メーカーから相手にされないようなレベルでも、サポートをたらい回しにされている人でも答えが見つかるかもしれません。
特にゲーミングオーディオ、ヘッドセットのトラブルが多いですね。