2022年7月15日金曜日

「注視する」のは限りなく正解に近い気がしてきた


初めは「なんと無責任な…」と思っていた「注視する」姿勢。

ようするに目を覚まして注意深く動向を見守り、時期が来るのをじっと待つという感じなんですね。



見方を変えればハイエナみたいなものかもしれませんが……

手柄を横取りするというか……ちょっとずるい「後出しじゃんけん」のロジックにも思えますが、すべての事象を「結果」で判断するのであれば、不用意な発言や対応をするよりも、注意深く見守っているのが一番賢明といえるでしょう。


「何もしないのが正解」というのはけっこうあるんですよね。

もちろん、みんながみんな何もしないのは困りますが……

狭いコミュニティーにおいては「わらにもすがる思い」とか、最初から最後まで「神頼み」のほうが上手くいくことが多いんですね。
しかし第三者が介入してくると内部の事情が暴かれて大変なことになってしまう。


新型コロナで鎖国するのにちょうどいい機会だなんて冗談も飛び交っていたくらい。

しかしそれでもあくまで「日常」を維持し、以前と変わりのない暮らしをみんなが求めたわけです。
新しい生活様式へシフトするよりも、騒ぎが収まったら「元通り」になることを望んでいるのでしょう。


注視するのが最善なのか……


なんか「ハイエナ」よりも「ライオン」のほうが獲物を横取りするみたいな話があって、ハイエナよりライオンのイメージのほうが実はよくないっていうのが興味深いですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問はお気軽にどうぞ!
メーカーサポートからも相手にされないようなレベルでも答えが見つかるかもしれません。