2022年10月19日水曜日

機械をメンテナンスできる人間は“当面の間”生きられる

すべてが自動化されるその日まで…。

人類滅亡の具体的なシナリオは疫病でもなければ食糧難でもなく、戦いや争いでもなければ天変地異でもないのかもしれません。

人間が自滅するというよりは、機械に置き換えられていくのが現実的です。

ロボットもコンピューターも現時点では「動力」と「メンテナンス」の問題を抱えており、そのためには人間の手が欠かせません。


まともに働ける人口が減少すると、人間もまた効率化や省力化に専念しなければならず、機械に頼らざるを得なくなります

機械を進化させているのは人間にほかなりません。


ところが皮肉なことに……

将来、人間はその機械の世話をしなければならなくなるのです。


機械をメンテナンスできる人間は生きられますが、できない人はどうなることやら。

0 件のコメント:

コメントを投稿

メーカーから相手にされないようなレベルでも、サポートをたらい回しにされている人でも答えが見つかるかもしれません。
特にゲーミングオーディオ、ヘッドセットのトラブルが多いですね。