2022年2月8日火曜日

自分より相手のほうが「考えすぎ」ということもある

「造詣が深い」とか皮肉の意味ではなく、誤った認識や思案に強くとらわれているということです。

・話が合わない
・お互いの機嫌が悪い
・周りがよそよそしい

このような場合には最初に「自分が考えすぎ」と反省することが大切ですが、世の中には同じような人もいて「お互いに考えすぎ」というケースがあるのです。


道を歩いていて前から来る人とすれ違うとき、お互いに譲り合って進めなくなった経験はないでしょうか?


通常は「あっwwwどうもwwwすみませんwww」と笑って済むところですが、道の譲り合いが延々と続いたとしたら……?

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!