2022年2月8日火曜日

さあ帰るか!ってときにヤバい敵が湧くのなんなのwww



これもうマーフィーの法則やカラーバス効果じゃなくてわざと出てきてるよねwww

ミッションの目標を達成してドロップポッドを呼ぼうとすると異変が起こるwwww


採掘遠征は最奥部で。
地点採掘と現地製錬は拠点で。
妨害工作はケアテイカーのところで。
回収作戦はいわずもがな。
殲滅と卵狩りは原則「最初の降下地点」へ移動してからドロップポッドを呼ぶ。

呼んだ位置から離れたところへドロップポッドがやって来ることが多いため、殲滅と卵狩りは「マップの端」から帰ろうとすると道に迷いやすいのだ……

複雑な道を完全に覚えられる人はいいけど、「最初の降下地点から進路の分かれている」殲滅と卵狩りは、そこから進んだ先でドロップポッドを呼ぶと「いったん最初の降下地点を経由」しなければならないことがあり、その過程で記憶があいまいになって迷いやすい。
すでに2分半が経過しているとあせりが出てくるので、操作や判断ミスから脱出に失敗する確率が高くなる。


これは本当に目安でしかないが、最初の降下地点はマップ全体の「ほぼ中心」にある(とみなせる)ので、そこでドロップポッドを呼ぶと「マップの端までの距離」がどういうルートでもだいたい均一になる。

それを意識するだけでも道に迷いにくくなり脱出の成功率を上げることができる。


特に殲滅ミッションはボスを倒した安堵感からその場ですぐドロップポッドを呼びたくなるが、地形を改めて思い出すためにも最初の位置まで戻ることをおすすめする。

チーム全員がマップを完全に覚えていればいいのだが、そうでなければ「入口へ戻ってから帰還する」のが賢明だと思われる。


ガンナーのジップライン、ドリラーの掘削した通路、エンジニアのプラットフォーム、スカウトのフレアガンの痕跡。

これらは移動手段だけでなく「目印」としても機能するが、設置した本人しか把握できていない場合が多いので、ソロはともかくチームでは上手く周知させることが大切だ。

ジップラインは「誤射」しても削除することができないので、目印と思って進んだら転落死…といった事故を誘発する可能性にも注意されたい……

ジップラインとプラットフォームは暗い洞窟でも視認性が高いが、ドリラーのトンネルは掘った本人も忘れがちなので、通路としての穴の周りには何か目印をつけておくといいかもしれない。
惑星区域特有の自然生成物…光っているクリスタルやキノコみたいなもののそばを掘るようにするとかね。

目立つ地形はたとえ邪魔でも破壊せず残しておくと役に立つ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!