2022年3月14日月曜日

商品名にアンプの文言がありますがこれはアッテネーター(可変抵抗器)です



オーディオのホワイトノイズ対策に「インピーダンスケーブル」の需要は依然として高いですが、もっと使いやすいダイヤル式の純粋な可変抵抗器もあります。

これは商品名に「アンプ」と書いてあるせいで勘違いされやすい(優良誤認)……

AUXからこのボリュームコントローラーを経由して音量を下げることでホワイトノイズを軽減、ミュートすることが可能です。
増幅器となる回路も電源も入っていないので音量を上げることは物理的に不可能です。


なお可変抵抗器は構造上、どうしても左右の音量バランスが不揃いになるギャングエラーが少なからず起こるので注意してください。
ひどいものになると、ボリュームの位置によって片方の音が聞こえなくなったり、ダイヤルを回すとガリガリとノイズが入ったりすることがあります。
(いずれの問題もゲーミングヘッドセットのボリュームコントローラーでよく発生します)

可変抵抗器を接続しているのは単なる延長ケーブルのためクロストークが増加する問題もあります。


0 件のコメント:

コメントを投稿

メーカーから相手にされないようなレベルでも、サポートをたらい回しにされている人でも答えが見つかるかもしれません。
特にゲーミングオーディオ、ヘッドセットのトラブルが多いですね。