2022年3月8日火曜日

それなりに絵を描ける人でないとペイントソフトのチュートリアルを見ても先へ進めない

当然といえば当然なんですけど……盲点だった。
ペンタブとペイントソフトを持っていても絵心がなければ学習のしようがありません。
しかしイラレの場合は絵心の有無とはほとんど無関係に、チュートリアルの通りに操作すれば期待される──お手本そっくりの──作品を仕上げることが可能。
直線は直線、真円は真円、正方形は正方形に描画することができます。
複雑に見える図案やロゴも、もともと単純な形を連続させたり歪めたりして成り立っています。
 
変形の「やり方」はソフトの示す通りの手順なので、絵心や画力は不問というわけです。



おそらく……ペイントやフォトレタッチよりも、ドロー系のレイアウトソフトを学んだほうがはるかに得るものが大きい。


0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!