2023年1月15日日曜日

DRGのフレームレートを無制限から65FPSにするとGPU使用率が1/3、温度が15℃も下がる



GPU使用率80~100%程度だったのが25%ほどまで低下し、70℃付近のGPU温度は55℃ほどに下がります。

ゲーム側のグラフィック設定を変更することが重要で、GPUをアンダークロック・電圧オフセットなどの行為はしません。


フレームレートを制限しても60FPS以上は維持されるので、配信の映像を見ても違いがわかりません。

モニターが60Hzだからといってゲームを60FPSぴったりに合わせると、ときどきカクつきやティアリングが起こるので、モニターのリフレッシュレートよりも多少大きく設定するのがポイント。

0 件のコメント:

コメントを投稿