2022年11月9日水曜日

第一印象が強すぎた場合、客層や事業そのものを変えるしかないこともある

昔のことをネチネチと蒸し返されて困るなら、その「層」を相手にしない対応を取ることも必要です。
第一印象が好ましければいいのですが、初めの印象が悪くて今はよくなっているような場合が問題です。

とっくに変化しているのにずっと第一印象だけで判断され、批判され、誤解されるケースは珍しくありません。

第一印象を根強く持っている人を無視して、当時を知らない人だけを相手にするほうが賢明というか、そうするしかないんですよね。


間違っても「印象操作」をしてはいけません。

いつか必ずバレるからです。


そんなことをするくらいなら、まったく違う人に向けてアピールをしたほうがいいですよ。


0 件のコメント:

コメントを投稿

メーカーから相手にされないようなレベルでも、サポートをたらい回しにされている人でも答えが見つかるかもしれません。
特にゲーミングオーディオ、ヘッドセットのトラブルが多いですね。