2020年10月28日水曜日

減点方式の評価をすると失敗だけが目立ってしまう

 「だから何もしないほうがいい」と合理的な答えに至る……というのが現実。

ゲームの世界とは正反対だね。

モンスターを倒したりクエストをこなしたりして「加点」されるシステムと違い、
現実世界では一度の失敗が致命的な「減点」対象となりうる。

以前から「デメリットシステム」の問題が指摘されていたけど……
ずっと変わらないということは、世間的にはそれが一番安定した姿なのだろう。


たった一度の失敗で信用を失うのに、どんなに成功を積み重ねても報われないとすれば、
その失敗を犯さないために「何もしない」のが一番賢明な判断になってしまう。


大人しくて素直で従順で真面目で勤勉な━━

そういう人は極力「何もしない」で無難な対応に徹している。
出世も昇格も思いのままだ。

それがいいとは思えないのに、そうするしかない。


「だって人と違うことをすると評価されないから」


多様性を与えられた結果、多様性を失ってしまった。




かといって今から「加点方式」に切り替えたところで上手くいくとは思えない。


まず評価する側に適切な能力がないことが問題だ。

なぜならずっと減点方式の世界で生きてきたから。

単純に見方を逆にすればいいというものではない。


評価する手段も方法も確立されていないのにルールを変えることはできない。

「何をやっても百点満点」「必ず成功判定」とすればいいのか?

それはもはや評価ではないし、それで人の自尊心や技能が高まるとは到底考えられない。



だからやっぱり減点方式を採用せざるを得ないという………

理不尽だけど十分な、そして仕方のない理由があったのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!