2019年8月9日金曜日

ハンディファン 5200mAhモバイルバッテリー 4 in 1 ハンディハァン

登下校中の高校生がみんな装備している
ハンディハァン
を入手したぞ!
中国製であること以外、メーカー名などがまったく記載されていません。
こういうOEM的な製品でいいんですよね。
シールやシルクプリントでメーカーロゴを入れるなりノベルティグッズみたいにするなりすれば。
風力が5段階に調整できるブラシレスDCモーターを採用。
電源を切った際の風力を記憶する回路がないことに注意してください。
風力は電源を入れるたびに最弱から開始され、順に強くなり、6回目でオフになります。
長押しでオフにすることもできます。
梱包もシンプルで合理的です。
まったく無駄なものが入っていません。
思ったより大きいですねwwwww
5200mAhのモバイルバッテリーのほうがむしろ本体のような感じ。
大小の羽根が6枚ついていて静音性と風の直進性に優れているようです。
下のLEDランプはバッテリーの残量。上は電源が入っていることを示すインジケーターランプ。
風力を視覚的に表示する機能はありません
このクリップ……いるかなぁ……
引っかけたり挟んだりしてファンを固定する場合には重宝するでしょう。
静音だとは思うのですが…比較的低音のやや大きめの音がします。
ミニ四駆のような高い音ではなく、ウィィィィィィィという低いモーターの音が目立つ感じです。
風切り音よりもモーター音のほうが大きいです。
ファンをモバイルバッテリーから分離するためのボタンと、マイクロUSBのジャック。
典型的なモバイルバッテリーの挙動と同じです。
充電中はランプが点滅し、完了すると4つとも点灯したままになります。




ハンディハァンは初めて使いましたが、たった10cmの回転体からこれほどまっすぐな風が発生するとは思いませんでした。
大小3枚ずつの一見「奇妙」ともいえる羽根から涼しい風が吹いてきます。
決して強い風ではないのですが、直進性が高く、顔に風を当て続けるとどんどん涼しく感じられるようになります。
顔の頬には血管が密集しているため、重点的に送風すると体温を下げやすくなるということです。

正味4Wのモーターでこんなにも涼しくなるのか……

外出時に手に持って使えるし、家のキッチンに置いて風を浴び続けるのもいいですよ。
もちろん室温を下げることはほとんど不可能ですが、ファンの風があるだけで体感温度はぜんぜん違います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!