2019年12月10日火曜日

シック・スパック腹筋

「~~という研究結果が発表されました」はインチキの常套句ですよ。
それは「独自研究」に過ぎなかったり、追試がされていなかったり、まともな査読者のいない雑誌への投稿だったりするため、文字通り「発表」に終わっていることが多いんです。
しかしセンセーショナルに報道すると事実無根の内容であっても信じてしまう人が続出します。
だまされないための「教育」を誰もが受けているはずなのですが、本当に必要な局面では上手く活用できず、 肝心の内容ではなく話題性や知名度だけで判断してしまうのです。
にもかかわらず実用的な教育に本腰を入れて取り組まないのは、だまされているほうが好都合だからです。
これは何百年…いや何千年も前から変わっていません。
「世界でもっとも読まれている本はフィクション・ファンタジーが多い」という皮肉の示す通りです。

「見ているものを信じる」のではなく、「信じているものを見る」。

それで認識が歪められていくのです……

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!