2020年3月20日金曜日

スマホをきれいに拭くにはメガネクリーナーより無水エタノールを薄めたものを使ったほうがよかった

プラスチックレンズ用のメガネクリーナーならスマホを傷めにくいと思っていたのですが……
よくわからない「除菌」や「帯電防止効果」の成分が余分なのか、きれいな状態が長続きしなくて困っていました。

無水エタノールを消毒に適した濃度に水で希釈したものを使って拭いたところ、メガネクリーナーより素早くきれいになるし、つるつるした状態がとても長続きするようにもなりました。

汚れの主要な原因は手の脂でしょうから、脱脂効果のあるエタノールは清掃に最適です。


しかしだ……エタノールを乱用すると耐性菌を生み出す恐れがあるらしい……
手で触れるものを清潔にしようとしてエタノールを常用してはいけない……

無害な常在菌までもが徹底的に排除された環境には、別の未知なる菌が定着しやすくなるかもしれない。
外来の凶悪な菌にとって居心地のいい条件かもしれない。
それらの菌に体が慣れていなければ感染してしまう可能性がある……
わからんけど……

そう考えると、薬品を使わずに流水で洗い流して乾燥させるのは安全で確実な方法と言える。
水が菌を物理的に流し去る。
これも「除菌」だよね?

99.99%除菌とかいうキャッチコピーは、単に菌を洗い流しているか、紙や布で物理的に拭き取った、または濾し取った結果のことを示しているような気がするね。


怖いのは耐性菌の出現なのだ……

薬品への耐性だけでなく、物理的に取り除きにくい構造へ変化する可能性もあるだろう。

たとえば水をかけても流れにくい性質や、拭いても拭いても離れにくい形状とか?

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!