2019年10月29日火曜日

とろけるくちどけ♪スイートポテトクリーム&ホイップシュー

ハロウィンになるといつもと違う菓子が出てきて・:*:.。.:*(´∀`*)ィィネ!*:.。.:*:・
Xperia1はカメラがダメダメすぎるwwww
マクロがものすごく弱くなってるよ。
広範囲をフォーカスする仕様になって肝心の被写体にピントが合わなくなった。
どうしてスポットでフォーカスできないんだろう……

Z4と比べてスマホ自体はめちゃくちゃよくなってる。
天と地ほどの違いがある。
Z4はブラウジングや画像閲覧程度でも爆熱だったけど1はまったく熱くならない。


有機ELディスプレイは液晶とは比較にならないほど美しい。
なんちゃって4Kだけど画素数も満足。

イヤホンジャックはないけれど、
USB Type-Cの変換アダプタはいわゆる「独立したDAC」ではなく「スマホの内蔵DACの端子を変換しただけ」であるため非常に消費電力が少ない。
本当に驚いた。
一晩(7時間)音楽を再生してもバッテリーは6~9%程度しか消費しない。
これだけでもXperia1を選ぶ価値があると断言できる。

Mカットみたいなノッチがないのもいい。

誤作動の多いサイドセンスは不要。
指紋認証は精度が悪く使い物にならないレベルのゴミ。
指紋を登録する時点でクソだとわかる。


ホワイトバランスやナイトライト(夜間モード)の色合いがスクリーンショットに反映されないところが非常にいい。


Z4と比べると恐ろしいほど改善されている。
やっと「普通」になっただけなんだけどねwwww

カメラの性能は残念だけど、もう写真を撮る機会も少なくなったからどうでもいいか……。
マクロのフォーカスが外れまくるのはだめだね。
まったくピントが合っていないくせにピントが合っていることを示す緑色の枠が表示されるから調整のしようがない。
その状態でシャッターを切ると当然ボケボケの写真が撮れる。
フォーカスの欠陥は画質以前の問題。

ベゼルが細くなったせいで片手で横持ちしづらい。

Z4は片手でも安定してシャッターボタンを押せたけど、1は難しいよ……
ベゼルの細さとエッジの丸みが裏目に出ている。

ゴミみたいなカメラを背面に3つも搭載したせいで飛び出しているのもいただけない。
3種のカメラの切り替えも遅いし、最後に使用したカメラが記憶されないのもだめ。
マニュアルモードを使うと標準カメラに戻るのもクソ。
UIも使いにくすぎてやる気が感じられない。


特にカメラに悪い点があるのは残念だけど、
バッテリーのもちと画面の美しさがそれを上回るほどの満足度。

今後はカメラには期待せず、音楽再生の省エネさに期待。

0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!