2018年6月14日木曜日

のうじょうからの(*゚Д゚)ムホムホ

ギフトがキタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・* !!!!!
ピンクいプレゼントボックスがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
PCでも完璧に動作するPS4コントローラーDUALSHOCK4!!!!
┏O)) アザ━━━━━━━シタ!
F710と比べて非常に軽量なのがすごいちょwwwwwwおまwwwww向こう見てこいよwwwwwすぅごかったんだぞwwwwwごぉいwwwww
F710は電池の持ちが驚異的に長い(単三2本で2ヶ月くらいもつ)のが売りですが、
トリガーが固い、本体が重たい、形状がいまいち手にフィットしない、ボタンの音が大きい、
D-Pad(いわゆる十字キー)の機構が悪く入力ミスが多いなどの問題があります。
DS4はもう箱を持った瞬間に┗(^∀^)┛カルーと感じ、手に馴染みやすい形状で、
表面がラバーではなくつや消しの樹脂製で堅牢感があり、黒いので光が反射して邪魔になることがありません。
スティックが短いためストロークの加減がかなり違います。
LRボタンが静かであり、トリガーが軽くて疲れにくい点が素晴らしい。

Bluetoothのレシーバーを買ってくればPCとワイヤレスで接続することも可能ですね。
今はUSBケーブルで有線接続ですが、別に取り回しに困るということはありません。

PCと接続すると自動的にドライバーのインストールが行われ、Steamのランチャーから設定が可能になります。
ライトバーの消灯や色の変更もSteamのコントローラ設定から行います。

サウンドの再生デバイスに「ヘッドセット イヤフォン」、
録音デバイスに「ヘッドセット マイク」が追加されます。

再生デバイスの形式が
2チャネル、16ビット、32000Hz(FMラジオの音質)
に固定されているためソフトによっては問題の起きる可能性があります。
理論上16000Hzまでの音声しか扱うことができません。

録音デバイスの形式は
1チャネル、16ビット、16000Hz(テープレコーダーの音質)

再生デバイスとサンプリングレートが一致しないため音ズレの恐れがありますね……


実際にいつもと同条件でゲーム実況をしました。

マイクの遅延が感じられません!
マイクの音量も非常に大きい!

完全にゲーム音声と同期しているように聞こえます。
Sound BlasterX G5のマイク入力は小さいし遅延しすぎなんですよ……

しかしDS4の音質は入力も出力もG5に数段劣っています。
劣るといっても実用に耐えられないレベルではなく、普通に運用可能な音質ですが。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント