2017年6月21日水曜日

SONY ECM-PC60ピンマイクをSound BlasterX G1に入力…高音質だが音量が小さい

先輩と会議(」ならぬ「のうじょうと会議」するのにちょうどいいヘッドセットがないのと、
どのみち夏場は耳を覆うタイプのヘッドセットは「過熱しているwww」と蒸れて死んでしまうので
あくまでイヤホン+マイクという方法はないかとエッディッオンでピンマイクを探していました。
オルガンライフのじへいが「ソニーのライブ配信…ソニwww失礼wwwソニーのマイク」の動画
テストしていたのはSONY ECM-SP10というスマホ用の4極プラグタイプのものです。
私はPC用の3極プラグインパワーとなっているECM-PC60を買いました。

スマホにPC用のマイクを接続しても3極プラグのため「ステレオイヤホン」と認識され使用できません。
レビュアーの中にはプラグの仕様を理解していない人が多く見受けられます。

スマホに接続するマイクは4極プラグです。
PCのマイク端子に接続するのは3極プラグです。

ただしSound BlasterX G1じへいが使っているSound Blaster Play!2」は4極ジャックのため、
PC用のマイクをそのまま接続しても使用できないし、出力(イヤホン)を挿すところがなくなってしまいます。

4極ジャックをステレオの出力とモノラルの入力に分岐するケーブルが必要です。

私は「サンワサプライ ヘッドホン+マイク用変換アダプタケーブル(3極メスx2->4極オス) 黒 KM-A25-005」を利用しています。
じへいは「エスエスエーサービス [ スマホやタブレット等のイヤホン端子(3.5mm・4極・CTIA規格)ケーブル ] 3.5mm 4極(オス)-3.5mmステレオミニ(メス)+マイク入力(メス) [15cm] ST35-SM35F」を利用しています。



SONY ECM-PC60の内容物。
1mの延長ケーブルがついているので本体のケーブルと合わせて2.2mまで対応できます。
スタンドは見ての通り。
プラスチック製ですがやや重量のある小さなスタンドにマイクを取り付けることができます。
ホルダークリップはマイクをスタンドから外して取り付け、服の襟などに留めることができます。
マイクの筐体はブラス(真ちゅう)製で高級感があります。
ケーブルは細くて頼りない感じがしますが柔らかく取り回しがしやすいです。
プラグは金メッキされています。
マイクは指先よりも小さく、指の太さくらいの長さしかありません。
クリップはプラスチック製で挟む力がかなり弱いです……
Sound BlasterX G1に分岐ケーブルを接続したところ。
赤色のマイクジャックにはECM-PC60、緑色のイヤホンジャックには75Ωのインピーダンスケーブル
そして150Ωのイヤホン「RHA CL750を接続して使用しています。

抵抗の大きなイヤホンのためSound Blaster製品全般にみられる「無音時のホワイトノイズ」はほとんど聞こえなくなっています。



さて……


肝心なECM-PC60のマイク性能ですが……

「サーーー」というホワイトノイズも「ブーーーン」というハムノイズも一切ありません。

扇風機やパソコンのファン以外のノイズ音がまったく入っていません。
マザーボードのマイク端子だと聞き苦しいノイズが入るのに、Sound BlasterX G1だと入りません。
安価であってもUSBサウンドカードというのはノイズを抑える効果があるんですね!


音質はものすごくいい……
こもった感じがなく、変な味付けもなく、かなり忠実に音を拾ってくれます。
キーボードのタイプ音、マウスのクリック音、風で戸が揺れる音なども拾います。

ああああ……

マイクを口の正面から3~15cmの距離に近づけると非常に明瞭で大きな声で収録できますが、
20cmくらい離れると急に声が小さくなり、首元、襟、肩などに取り付けるとさらに小さくなってしまいます。

ウー c(`Д´c)

感度自体は高いようで椅子のきしむ音や隣の部屋の物音まで聞こえるのですが、
肝心の自分の声をあまり大きな音で拾ってくれません。


Sound BlasterX G1はマイクブームつきのゲーミングヘッドセットの使用を前提にしているのか、
マイクと口の距離が非常に近い場合に最高のパフォーマンスを発揮できる設計になっているものと思われます。

音質はびっくりするくらいいいんですけど、音量が……小さい……
このサウンドカードには「マイクブースト」の機能がないのでこれ以上どうすることもできません。

ECM-PC60をピンマイクとして服につけているのに大きな声で収録できているのは、
本格的なオーディオインターフェースを利用しているからです。
しかし3.5mmのプラグインパワーマイクを接続できるオーディオインターフェースは限られています。

オーディオインターフェースはもっと本格的なマイク、ダイナミックマイクやコンデンサーマイクを使用するのが普通だからです。


このYAMAHAのオーディオインターフェース、
ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル 「初音ミクおためしセット」 AG03-MIKU
通称「ミクミキサー」はECM-PC60の音量も十分で、驚くほど高音質で収録できるというコメントを見つけました。

こういう強力なマイクプリアンプを搭載したデバイスを使えば、テレビの出演者たちのように
服にピンマイクをつけた状態でも明瞭な声を収録することができるのでしょうか。

「オーディオインターフェース」自体はもっと安価なものもありますが、
ECM-PC60を接続できないのでマイクを別に買わなければなりません。


……


現状では小声で話した場合、相手に聞こえづらい(ボイスチャットのシステムが集音してくれない)音量であるため、こちらの会話が一部届いていない事態が起きてしまっています。
やはりサウンドカードは口元ぎりぎりの距離から集音するマイクを想定しているため、
ピンマイクのように口からやや離れたマイクの音量では不足してしまうのでしょう。

ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

小さなサウンドカードでもうちょっとマイク性能の高いものがあればよかったのに……


Sound BlasterX G1にはステレオミキサー(再生リダイレクト)機能がなく、
マイクブーストもできないため実況や配信向きではありませんね。
上位機種であるG5にはステレオミキサーもマイクブーストもついています。
……が、マイクの音量が小さいというレビューもありました……G5もだめですかね……

0 件のコメント: