2011年11月22日火曜日

やる気を出したなら入れる必要がある

やる気を出す」とよくいいますが、それは延々と出し続けられるものではなく、
どこかで「入れる」必要があるということです。

決して無限に出てくるものではないのです。

どんなに燃費の優れた自動車があっても、燃料がいつまでももつことはありません。
必ず燃料を入れることになっています。

人間が有限の存在である以上、必ず「やる気を入れる」機会があるはずなのです。


やる気を出そうとする以前に、十分に入れることが必要です。



もし何かで行き詰まることがあっても、やる気を「出そう」とするのではなく、
「入れる」という発想に切り替えてみてはどうでしょうか。

0 件のコメント: