2011年4月20日水曜日

メールアドレスも自分だけのオリジナルが持てる

埼玉県境から車で20時間 ここが群馬県庁である
前回も説明したとおり、「独自ドメイン」とそれを収める「レンタルサーバー」さえあれば
あとは農場を育てるようなつもりで手間ひまをかけていけば、Wikiにせよブログにせよ
充実させることが可能です。

それとメールアドレス、






独自ドメインと同じ「メールアドレス」を各自が持つことができます。

たとえば、

aspirin@gentei.jp
nagisikou@gentei.jp
xdaredarex@gentei.jp

という具合に、@の前の部分を好きな英数字にすることができます。


ドメインとサーバーを維持できる限り、ずっと使えるメールアドレスになります。

不思議な世界で冒険する?生活する? ずっと無料!まずは簡単ID登録!

m9゚(゚`∀´゚)゚9mプギャーッハッヒャッヒョ




もう完璧に自分の独自のものが( ゚д゚)ホスィ…っていう場合は、
自分でドメインを取得し、サーバーを自分で借りることも可能です。


nagisikou.com
raida.me
asusan.net
joseidesuka.info

などは思いのままです。
ドメインは「.com」や「.me」の種類によって値段が違い、
50円~3000円くらいで1年間の利用が可能になっています。


udonge.co.jp
maccha.or.jp
owata.ac.jp

のような「**.jp」の形をしているドメインは我々には取得できません
これを「属性型JPドメイン」といい、coは会社、orは法人、acは教育機関というように
厳格な制限の設けられている特殊なドメインであるため、そのような組織でないと取得できません。


konw.jp
uhaok.jp

のような「.jp」のドメインは取得できます。
これは「汎用JPドメイン」といい、日本に住んでいる人なら誰でも取得できます。

0 件のコメント: