2017年10月30日月曜日

パソコンにアース線をつないでハムノイズを解消

パソコンのカバーや電源ユニットを固定している「金属ネジ」がアースのポイントです。
スピーカーやイヤホンから「ブーン」という低周波ノイズが実際に聞こえている場合、
ここに指を触れていると収まることがあります(人体がアースとなるため)。
このネジを緩めて電線を巻いて締めつけます。
電源ケーブルからアース線が伸びているなら、ここからアースを取ります。
パソコン本体だけでなくモニターにも同様のアース線があることがあります。
コンセントにアース端子があればそこへつなげばいいのですが、端子のない家屋の場合、
金属の窓枠にある金属ネジを使って適当に締めましょう。

ブーンというハムノイズは交流の周波数で再生される非常に特徴的な低音です。
低周波だけに頭痛の原因となることもあり、なるべく対策をしたいところです。

このノイズはデバイスのボリュームにかかわらずほぼ同じ音量で聞こえてくるのが特徴です。
音源が無音であろうが爆音であろうが一定の周波数で「ブーン」。

常に背景で音が鳴っているようなものなので、扇風機やエアコン、ハァンヒーターが稼働している部屋では
聞こえないことがあるため、機器を止めて初めてノイズに気づくケースが多いようです。


USBヘッドセットやUSBアダプタ経由のヘッドホンで
左耳だけノイズが聞こえる、発振する、左右の聴覚が変になるなどの症状は
いずれも電源から生じるハムノイズが原因である可能性が高いので
必ずアースを取るようにしましょう。


マイクに手を触れただけで「ブーン」というひどいノイズが発生するのも
アースを取ることによって完全に解消されました。

0 件のコメント: