2017年6月24日土曜日

ジャーサラダじゃなくてミズゴケですよwww

あのジャーサラダの4コマ漫画、目がaspirinさん好みになってるwwwwwwのがいいよねww
( ^∀^)ゲラゲラ
これはジャーサラダではありません……ボリボリ食べちゃだめだよwww
生きているミズゴケですよ(^o^)ノ イエー!
元肥の匠で有名なプロトリーフでも「生きている水苔」を扱っているみたいです。
状態はあっ…(察し)ですけどww
高い湿度と蒸れない程度の強い日照がミズゴケ栽培の決め手です。
光が弱くても枯れることはありませんが徒長してひょろひょろになってしまいます。
乾燥したらほぼアウト……再び水を与えれば復活することもありますが、
カラッカラに乾いたらもう戻りません。
「不定芽」といって枯れた部分から新たに芽吹くことはあっても、枯れた部分が緑色に戻ることはありません。
不定芽から元の大きさまで生育するのには半年か1年以上かかりそうですよ。
剪定し、生長点を含んだミズゴケを別の容器に入れました。
剪定して短くなったミズゴケ。
生長点を含んだミズゴケ。

0 件のコメント: