2016年5月28日土曜日

イングリッシュラベンダーの育て方のポイントwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

パープルっていうと
ゲル状でパープルカラーの~」を思い出していかんwww
でんっwwwバイオゥハザェードゥ……チュー……
これがイングリッシュラベンダー(ゲル状で)パープル(カラーの)の花……
パープルのあとのPがうけるwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

育て方のポイント!

可愛がってあげるのが
一番です。



一緒に^^育てましょう!



ううむ……
「猫を言葉で褒めまくると喜ぶ」という世界ネコ歩きの名言が
あながち嘘でもなくガチっぽいのと同様、
ハーブの栽培に際しても何かしらの効果があるのかもしれないぞ……



なお、鉢植え栽培の定番として「大きめの鉢に植え替える」というのがありますが、
ラベンダーのような多湿を嫌うハーブに関しては必ずしも適切ではないようです。

というのも土の容積が大きくなると水分の保持量が多くなり、
乾燥気味の土壌を好むラベンダーにとっては「蒸れ」を起こしやすい環境となるため、
梅雨から盛夏にかけての高温多湿で枯れてしまうことが多いからです。

つまりラベンダーを大きく育てようと不用意に大きめの鉢に植えつけると、
期待するサイズに生長する前に夏のシーズンの暑さでやられてしまうのです。

ラベンダーは最小限の大きさの鉢に植え、毎年「土を交換するために植え替える」のがポイント。

0 件のコメント: