2016年12月5日月曜日

comicoアプリ…マテリアルデザインと権限の許可に対応

コミコのマンガがPCブラウザからはまともに読めなくなってしまったため
嫌でもアプリを利用しなければならなくなりました。

インストールから起動に際してシステムの権限を許可する必要があります。
これはなんとなく気持ち悪いとか怪しいとか警戒してしまうのですが、
電話、ストレージ、連絡先を許可しておかないと利用できません。
何らかの形で端末の電話番号と連絡先にcomicoがアクセスしますよ、
ってことです。
信用できなければ利用するのをやめてね。
リニューアル記念とかで無料レンタル券が100枚もらえました……
消費期限は1週間( ゚д゚)ポカーン
各話ごとに1枚消費される仕様……
しかもレンタル券1枚で8日間しか読ませてくれません。
アプリ内でポイントを購入すれば各話10ptで無期限に読めるんだとか。
アプリがちゃんとマテリアルデザインでできているのが憎いwwwwwww
左からスワイプするとナビゲーションドロワーが出てきます。
このUIは個人的に使いやすくていいと思っています。

こういうのって古いUIのまま更新され続けるものが多いんですが、
Lollipop以降のインターフェースに最適化されていました。

作品ごとにリマインダーを設定することができ、更新が通知されます。
なかなか便利な設計になっています。
(;´∀`)・・・うわぁ・・・

PCブラウザで見ていたときは課金のことなんか気づきもしなかったけど、
アプリは事あるごとにポイント購入を催促されますよこれwwww


マンガのタイトルによって無料券をもらえる頻度が違うみたいですね。
話数の多いものほど早くもらうことができます。

たくさん読みたい場合や「先読み」はポイントの購入は必須になりますねぇ……
読むマンガが決まっているなら無料でも問題ないけど……
作家を応援するためのポイントも購入することができます。

コミコはいわゆる外部の広告が表示されることがないので
こういう課金でしか収入の手段がないんですよね。

「無料」というのは「一部無料」という認識でOKですかね。

0 件のコメント: