2014年3月29日土曜日

格差は減らせても完全になくすことはできない

格差というのは小さくしたらしたでそのわずかな差を争うようになる。
タイムアタックでいうところの1/100秒や1/1000秒といった次元です。

同じ身長の人を集めたところで、
あいつ俺より0.1cm高いな…
あと5ミリ高ければ…
男性なら髪の量なども気になるでしょう。

女性なら体重やスリーサイズが気になり、わずかな差を激しく争うことになるわけです。

格差なんてものは減らしたら減らしただけ競争を激化させるようなものだから、
「あって当然」と思っておくことが一番気楽なのです。

0 件のコメント: