2011年9月21日水曜日

真面目な活動を侮辱されたら?

一番いいのは、侮辱されても気にならないように、

「真面目にやらない」

ことです。


自分の一生懸命に作ったものが壊されたり、バカにされたりすることほど苦痛なことはないでしょう。

しかし世の中そのようなことは日常茶飯事です。

それにいちいち反応していたのではキリがないし、相手の思う壺にハマることもあります。



たとえば自分の「仕事」を侮辱されたとしましょう。

すごく腹が立つかと思います。

でも、それは「自分の望んでいる仕事」ではなく、
「誰かから与えられた仕事をしただけ」と考えてみてください。


つまり侮辱されたのはあなたではなく、あなたに誰かが与えた仕事なのです。

あなたはただその仕事を行っただけに過ぎないのです。


だから「仕事」をバカにするということは、究極のところ、
そのような仕事をしなければ生きていけない社会」をバカにしているのと同じなのです。



どうです?


あまり腹が立たなくなりませんか?

自分に対する侮辱だと思うと苦痛ですが、実はそうではないということです。





また理不尽ではありますが、「見せしめ」や「人柱」のようにバカにされることもあります。

たとえばこういう例があります。

なんだかウザいのが出てきたなw こいつは大したことないな。でも、ほうっておくと調子に乗るかもしれないから、ちょっと叩いておくか。よし、見せしめだw これで大人しくなるだろう


これはようするに、自分の人気や名声が他の人に奪われる可能性があるので、
いわゆる「下克上」を恐れて防御的な反応を示しているのです。


そんなものは気にしないでください。


そんな些細なことで過剰に反応する人なんて、いかに器が小さいかわかるでしょう。

そのような挑発に応じる必要はまったくありません。


ネット上の書き込みを勝手に変えられたり、悪意のあるコメントが追加されたりしても、
まったく気にする必要はないのです。


むしろ悪いことをする人が目をつけるということは、それだけあなたに知名度がある証拠です。

それに対して嫉妬しているだけなのです。



どうです?

侮辱でもなんでもないと思いませんか?



自分がスケープゴートにされたとしても、そんなものは日常茶飯事だから気にしなくていいのです。

その犠牲の価値を認識してくれる人も大勢います。


侮辱する人はほうっておきましょう。

そのうち自分が恥じることになります。

0 件のコメント: