2018年9月21日金曜日

ハーゲンダッツは高いと感じる層が買うレディーボーデン

なんかそう言われてグサッときましたヽ(`Д´)ノウワァァン!!
たしかにハーゲンダッツってアイスクリームの中では高級だけど…
味や価格について批評できるほど食べ比べたことがありますか??
私は…ない…

「高いほどいい」

そりゃそうだけど…好みの問題を価格にすり替えるのは考えもの。
「高いほどいい」という人に限って本人は値下げを強要したり、「コスパがいい」ものばかり買っていたりする。
普段「安いもの」ばかり買っているから、ここぞとばかりに「高いものがいい」と感じるのでしょう。

とにかく1円でも安く手に入れようと努力する。

それなのに自分の給料を高くしようとする。


景気が悪くなるのはこの相反する2つが対立しているからなんですよ……

お金をたくさん得てから高い買い物をするのは一見正しいのですが、
実際にはそんな単純な問題ではありません。

お金がたまるまで待っていたら、ほとんどの人は住居を失ってしまうからです。

一軒家を一括払いで購入する人が世の中にどれだけいるのでしょうか??

アパートや賃貸も毎月の家賃を支払いながら住みますよね?
まとまったお金で住居を買い上げて暮らす人なんてほとんどいないはずです。

簡単にいえばそれが将来を見越した「投資」ってことなんですよね。

家や車を買うときはローンを意識しても、日常の買い物ではまず意識しません。
お金がたまるまで家や車の購入を控えていたら、その日常すらおぼつかなくなります。

「借金は悪」と決めつけてしまうと、必要なときに資金を用意できず、より多くのものを失うはめになることだってあります。
これは非常に難しい問題です。

「仕事がない」「給料が少ない」のは、通貨の流通が滞っているからです。

お金というのはただ持っているだけでは意味がなく、通貨として運用されることで初めて意味をなします。
それを出し惜しみする人が増えてきたから、今度はお金を受け取ることのできる機会が減少し、
また、すでに多くを持っている人が不安がって大量に貯金するようになってしまいました。
それに追い打ちをかけるかのように各商店の「値下げ競争」が激化し、通貨の流通が減っています。

商品やサービスを提供する側には値下げする努力が求められているのかもしれませんが、
それを実現するためにはもはや人件費、つまり従業員の給料を減らすしかない状況まで達してしまっています。

これ以上給料を減らされたら生きていけないので、従業員の数を減らすしかありません。

こうしてどんどん景気が悪くなっていくのです。

かといって今さら「みんなでもっと高いものを買おう!」という流れにはならないところが問題です。
それができるならとっくにやっているはずですよね。

理屈はものすごく単純なのに、景気をよくすることはものすごく難しいのです……

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント