2012年2月7日火曜日

ラフなスケッチをどんどん描いていく


絵を描くことについては、見るものや描くものを制限するのは
自分にとって不利になることばかりです。

単なる写真のレタッチトレースで済ませてしまうのはもったいない。

一度も描いた経験のないものをいきなりきれいに仕上げることは不可能です。
だから何を描こうとする場合でも、初めはラフスケッチから始めましょう。

手早く簡単に、しかし正確にスケッチするようにします。



最初からデッサンをしなさいというのは少し難しいかもしれませんね。

だからまずラフに描いてみて、対象の全体を把握するように努めましょう。

事実それは、細部を丹念に描写することよりも大切だからです。

0 件のコメント: