2020年1月17日金曜日

PCケースのエアフローがちょっとわかってきた

底面にもファンを増設していたけど、それはどうもシュラウドに取り付けたストレージを冷やす効果に限定されるような感じがするし、意外とグラボにまで風が当たっていなかったので外しました。

フロントファンの風に直交させたらかえって気流が乱れるよね??

フロントファンの水平な風の流れのみにしたほうがケース背面からスムーズに排気される気がします。

ような感じ
気がする

実際に風の動きを見たわけでもないし、きちんと温度を計ったわけでもありません。

エアフローを妨げるドライブベイやケーブルのないスカスカのケースの場合、たくさんのファンを増設してもかえって流れが乱れるだけで効果がないんじゃないですかね……



セミファンレスのグラボだから真下にファンを追加して常に風を当てて冷やしてやったほうがいい。

というのも単なる想像ですからね。


フロントファンからの水平な風の流れによって最適に排熱されているからファンを追加する必要などない。

というのも想像なんですよ…
でもこちらが有力そう。



底面ファンに期待される効果があるのなら、どうしたってグラボに当てた風が最終的にケースの外へ出ていく流れになっていないといけません。

だからこのケースは最初から「最適」なファンが配置されていて、余計なことを考えなくてもいい状態になっていると考えられるわけです。

もちろん想像ですが。



底面ファンを追加してよりよく冷えるようになったという話はあまり聞いたことがないです。

PCパーツって人体と違って風を当てたから涼しくなるものではないんですよね。
出口をなくして風を送り続けたらケース内の温度はほとんど下がらなくなるはずです。

パーツからの熱でケース内の空気が温められるというか、単に熱が移動するだけなんですよ。

その熱を外に逃さずにひたすら循環させていたら……冷えるわけがありません。


「熱設計の素人がやりがちな失敗」と聞いたことがありますが、やっぱりその通りなのでしょうか。


非常に論理的というか物理的な話題なのに、なぜか想像や印象だけで判断され、内容よりもインパクトのある論調や言説が支持されるのが不思議ですね……

私も正直よくわからない……
トルヴィッシュふうに言うと「わたくしにもよく分かりません。」



「煙突」の役割を考えるとわかるのですが、完全に開かれた環境よりも閉じられて一定の方向性のある空間のほうが大きな熱の移動が発生します。

極端な例だと「火災旋風」というのがありました。
燃えている表面に筒状のものをかぶせると強力な上昇気流が発生し、竜巻のような炎が上がる実験を見たことがあります。


PCケースを「箱」ではなく「筒」と考えてみましょう。

フロントファンから吸気してリアファンから排気する筒のようなイメージです。

……結局これも想像だけど前後に一直線の風の流れを作ったほうが、底面から上向きの気流を直交させるよりも排熱効果が大きくなるんじゃないですかね?


だってグラボに下から風を当てたらCPUクーラーのほうにも流れていきそうだし、グラボに付いているファンに対してもそういう風圧はあまりよくないような感じがするから……

どうなんだろうね????

前後に流れるだけで十分というか、一番効果があるように思えてきました。

底面にファンを追加したり天面を開放したりといろいろできますが………
本当に冷却に効果があるのはどの状態なのでしょうね???




たぶんどれが正解というものはなくケースバイケースだと思う…ケースだけに…


80年代のCPUはクロック数が低く発熱も少なかったため、ファンもヒートシンクもついていませんでした。
90年代になって性能が高くなると、CPUから効率よく放熱するためのヒートシンクが搭載されるようになりました。
「CPUクーラー」という独立したシステムが登場するのはそのあとです。

ケースの排気ファンと電源のファンによる空気の流れがヒートシンクの熱を移動させます。

それだけでは冷却が追いつかなくなり、やがてヒートシンクにファンが取り付けられるようになりました。


たとえ小さくて狭いケースであってもNoctua NH-D15のような巨大なクーラーを搭載可能なら、熱は効率よく外へ排出される流れになります。

注意しなければならないのは、ケースが大きければ大きいほど空気を移動させるのに強力なファンが必要になるということです。

ワンルームより戸建てのほうが空調の負担が大きいことに似ていますね。

大きなケースを冷やすには、強いエアフローが要求されるということです。



底面ファンをつけないほうがPC内のホコリが少なくなっているように見えます!

不思議なことに底面ファンの羽根の上に多くのホコリが積もっていたのです。
シャットダウンのあと停止したファンに降り積もっていくような…?
底面ファンからの風がケース内の空気を「持ち上げ」て排気の妨げになっていた…?

だからフロントからリアへ一直線のエアフローにすればホコリも一直線に出ていくのではないでしょうか??

想像というか状況から推測しています……



ゲーム用途ではCPUよりもグラフィックボードの温度のほうが高くなる。

1つのシロッコファンではなく2つのファンを搭載したグラボの熱は、一方はケース背面、他方はケース内部に排出される

フロントファンからの一直線の送風はグラボの排熱に一役買っている…?

底面に追加したファンからグラボに風を当てているとケースのガラスパネルがかなり温かくなったのに、そのファンを外したらウソのように温かくなくなり、グラボも55℃未満となってファンが回らなくなりました。

何かの間違いじゃないかと思うくらい、フロントファンだけのほうがよく冷えます。


0 件のコメント:

コメントを投稿

質問や話題の投稿等お気軽にどうぞ!