2018年8月17日金曜日

好調そうな腹筋

 絶好調な校長…
 もう「校長」っていうとあれしか思い浮かばないwwww
校長先生の長話
オリンピックが成功することには期待していないし、失敗したらしたで得られるものは必ずあると思う。
まず「絶対に成功させなければならない」という前提が実は非常に不健全。
確実に成功する方法があったら人間は努力も工夫もしなくなるからだ。

そもそもオリンピックの主役は組織委員会ではなく競技に参加する選手たちのはず。
なぜ会場がどうだとか、国の威信とか、おもてなし()、経済効果がーーという話に偏っているのか?
肝心の競技の話題がほとんどなく、ひたすら予算と”暑さ対策”、それに人員でもめている。

一度、立ち直れないくらいのダメージを受けたほうが世の中の仕組みや制度を見直す機会となり、
建設的な流れになるのではないかと考えている。
結果的に成長できればそれでよい……そう願うしかない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメント