2018年4月15日日曜日

WindowsPCがSound BlasterX G5を認識しない、起動時に「デバイスが接続されていません」、通電されてはいるが音が出ない不具合の対処法

私も購入から1ヶ月くらい不具合に悩まされていたのですが、2つの点に気をつけるようにしたら解消されました。
PCでステレオの設定で使用する場合や、コンソール機で使う場合は問題ないと思いますが、
バーチャル5.1/7.1サラウンドは要注意です。
G5のバーチャルサラウンドは「詳細設定」→「スピーカー/ヘッドフォンの構成」から設定される、
チャンネルのアップミックスと、「ACOUSTIC ENGINE」の「Surround」による仮想化という
2つの処理によって成り立っているため、Surroundを有効にしていないと問題が起こります。

パソコンに接続するたびに謎のドライバーのインストールが始まり、失敗し、使用できなくなる不具合が頻発します。
電源を入れても認識せず、「デバイスが接続されていません」というエラーが出ます。

これはおそらく、PCから見たG5がステレオなのか多チャンネルなのかわからない謎のデバイスとして認識されてしまうのが原因です。
謎のデバイスが接続されたことに対してWindowsはとりあえず標準的なオーディオドライバを適用しようとするものの、上手く処理できないため、エラーを吐いてしまうのです。

G5を7.1サラウンドに設定しておいても、Surroundによる仮想化の指示を与えておかないと、
シャットダウンや再起動後のWindowsが「うーん…これはステレオ!」と誤認し、
正常に動作しなくなるのではないか……と私は感じています。



プロファイル」には任意のエフェクトとイコライザー等を登録することができるのですが、
「エフェクト オフ」を選択してはいけません。

「エフェクト オフ」という既定のプロファイルだけでなく、自作でそれと同等の内容のものも登録してはいけません。

バーチャル5.1/7.1サラウンドで使用する場合は必ずSurroundを有効にしておく必要があります。
2つそろって初めてバーチャルサラウンドが成立するからです。




G5をステレオに設定してエフェクトをすべて無効にしたい場合は、プロファイルに「エフェクト オフ」を登録するのではなく、
本体のSBXボタンを長押ししてください。

3つのプロファイルには有効なエフェクトを登録しておいて、SBXボタン長押しで無効にするのです。


PCとG5をUSB接続してもまったく認識しなくなったら?

1.
USB接続した状態でG5本体の「Scout Modeボタン」と「ボリュームコントロールノブ」を同時に長押しし、白色のインジケーターランプが激しく点滅するのを確認してから離します。
G5本体の設定が初期化(プロファイルなどが出荷時の状態に戻る)されます。

2.
ヘッドホンやスピーカーのケーブルを外します。

3.
USBケーブルを抜いてBlasterX Acoustic Engine Proをアンインストールします。
再起動を要求されるので、再起動します

4.
起動したらPCとG5をUSBケーブルで接続します。
自動的にドライバのインストールが始まります。
もし再起動を要求されたら再起動してください。
ここで行き詰まってしまった場合は、Windowsの「デバイス マネージャー」を確認しましょう。
「Sound BlasterX G5」の項目にエラーを示すアイコンがついているはずです。
これを右クリックして「削除」。画面の指示に従って操作します。

再起動の頻度が多いですが、面倒がらずに必ず実行してください!

5.
ヘッドホンやスピーカーを接続し、音が出ることを確認してください。

6.
BlasterX Acoustic Engine Proを再度インストールします。

7.
再起動を要求されるので、再起動します。

8.
ヘッドホンやスピーカーから正常に音が出て、BlasterX Acoustic Engine Proも操作できることを確認します。




この一連の不具合は決して「故障」ではないと思われます。
G5のバーチャルサラウンドを実現させるメカニズムの問題なので、
メーカーはSurroundとマルチチャンネル処理の動作を改善する必要があります。

0 件のコメント: