2017年8月24日木曜日

ニホンカナヘビはトカゲとは違う

 よく「トカゲ」と呼ばれているのはこのカナヘビであることが多いですね。
カナヘビのほうがスリムで尻尾が長く、体表がカサカサしています。
トカゲはまるっとしていてカナヘビより尻尾が短く、体表にテカテカとした光沢があります。

カナヘビは腹部を地面から浮かせて移動するのに対し、トカゲははいずりながら移動します。
トカゲの幼体には縦に帯状の模様があり、尾の先まで鮮やかなブルーをしているのが特徴です。

上の写真はどちらもカナヘビです。
トカゲは見つけてもあっという間に逃げてしまうので撮影できていません……

警戒心や素早さはトカゲのほうがはるかに上のようです。
人が近づいてもカナヘビのほうが比較的よく観察することができるため目撃の機会が多いといえます。

0 件のコメント: